スウェーデンに移住した36歳妻子持ちエンジニアのブログ

娘の教育と妻のキャリアの為にスウェーデンへ移住。

家族のスウェーデン語の習得状況

おはようございます。
ストックホルムへ家族で移住し、現地企業で働く35歳、一児の父親です。

 

↓今朝は雪が薄っすらと積もっていました…真冬に逆戻り… 

 f:id:sverigeyoshi:20170419044304j:image

 

↓午前中は本降りの雪…

f:id:sverigeyoshi:20170419044337j:image

 

 

おい!春はどこへ行ったのだ!!

 

明日は10℃まで上がるのでポカポカです。(←ストックホルムに住むとこういう感覚になります)

 

 

さて、今日で娘が就学前学校に通い始めて3ヶ月。

 

また、私と妻が語学学校に通い始めて3ヶ月。

 

現在の我々のスウェーデン語がどんなもんなのかちょっと書いてみますね。

 

まずは娘

 

いやー、もうけっこうペチャクチャ話すようになりましたよ。

 

スウェーデン人のお客さんが来た時なんかはアレコレ単語を並べて謎の主張をするようになりましたし、何よりスウェーデン人の大人が問いかけたり話しかけたりすることにはほぼ完璧に意思表示かできるようになりました。

 

感心感心。素晴らしい。

 

ってか、覚えるの速い…

 

親子の間で以下のようなやりとりが可能になってきました。

 

私の問いかけ→娘の返答

 

"Ska vi äta mat?"→"inte än!!"

ご飯食べようか?→まだいいよ!

 

"Ska vi åka till IKEA?→"Ja! Äter glass!!"

IKEA行こうか?→やったー!アイス食べよう!

 

"Vill du ha mjölk?"→"Nej, apelsinjuice!"

牛乳いる?→ヤダ!オレンジジュース!

 

"Ska vi duscha?"→"Ja! (eller nej)"

お風呂入ろうか?→うん!又はヤダ!

 

 

もう私も妻も分からない単語をけっこう発しますし、娘から単語を教わるようになってきました。

 

もう完全に追いつかれましたね。

 

この調子であと数ヶ月もすればもうネイティヴ並みに話すんじゃないですかね。

 

就学前学校に通い始めて1ヶ月ぐらいはかなり不安で、先生にも相談したぐらいです。

 

当時、先生が全く心配しなくて良いと言っていたのが分かってきました。

 

 

妻と私。

 

語学学校に通い始めて一発目の印象は、妻も私も

 

「やべぇ。何言ってるかサッパリ。」

 

で、続けていけるのかかなり不安でした。

 

ところが、今となっては先生が言っていることも半分以上、いや、8割ぐらい理解できるようになりました。

 

ところで、先生って全然ゆっくりしゃべってくれないんですよ。

 

でもそのスピードにも慣れてきましたし、語彙も増えてきたのでしょう、今では全く不安ではありません。

 

さすがに娘のように向こう数ヶ月で何とかなるとは思っていませんが、当初抱いていた不安が徐々に薄れてきているのは確かです。

 

妻と私とで意見が合ったのは、授業中にまともに質問ができるようになったことか嬉しいということ。

 

これは私も妻もかなりの自信につながっています。

 

最初の頃は語学学校に通うのがちょっとシンドかったのですが、最近は楽しみとなってきました。

 

こんな感じで、今のところは私も妻も娘も誰一人として脱落することなく、まぁ順調にスウェーデン語を学べています。

 

私も仕事のメールをスウェーデン語で書いてみる回数が増えてきましたし、みなさん簡単な会話はスウェーデン語でやってくれるようにもなってきました。

 

スウェーデン語を学ぶのが楽しい!

 

と、趣味のような感覚まではまだ到達できていませんが正しい方向に進めていると思います。

 

 

 

Vi ses imorgon!

(See you tomorrow)

 

Hej då! ←ヘイドー!

(bye bye)

イースター連休最終日〜IKEA→電気屋さんの巻〜

おはようございます。
ストックホルムへ家族で移住し、現地企業で働く35歳、一児の父親です。

 

今日でイースターの4連休最終日。

 

ご存知の方が多いと思いますが、イースターってキリストの復活祭のことなんですね。

 

スウェーデンは日本と同様、みなさん無宗教です。

 

まあ強いて言えばキリスト教?と言った具合です。

 

普通の人であれば教会に出入りするのは冠婚葬祭ぐらいです。

 

なのでイースターと言っても教会に行って何かする訳でもなく(教会では何かしらやってるのかもしれませんが)、おもちゃやお菓子が入っている卵型の箱をスーパーで買って来て子供にあげるのが一般的な風習です。

 

またただそれを子供にあげるのではなく、家の中や庭の中にその卵型を隠しておき、子供がそれを探すのも定番のようです。

 

 

 

さてさて!本日もIKEAでございます。

 

土日祝日のIKEAは人人人でストレスフルです…

 

そして何故か中国のお方が大量にいらっしゃる。

 

何故だろう。

 

不自然なぐらい多いんです。

 

ストックホルム中心部からはかなり外れていますし、観光客には見えません。

 

これ、スウェーデンあるあるだと思うんですけど、私達は99.9%の確率で中国人と間違えられます。

 

で、日本から来たって言うととんでもない驚き方をする人がけっこういます。

 

超が付くほどレアですからね、特に私の様な成人男性は。

 

しかし、我々からすると日中韓の人ってなんとなーく見分けがついたりすると思うんですけど、増してや言葉が聞こえたら確実にどこの人かは分かると思います。

 

でもスウェーデンの人からしたら全く区別がつかないんですって。

 

そりゃそーか。

 

 

それはさておき、IKEAに行ったのはリビングの灯りと子供の部屋の棚などなどを揃える為です。

 

↓妻とは意見が別れましたが、私がゴリ押して買ったランプ。 

f:id:sverigeyoshi:20170418035402j:image

なんだかんだで妻もお気に入りの様子。

 

結果オーライですね。

 

↓もういっちょしつこく別角度から。

f:id:sverigeyoshi:20170418035454j:image

 

現在21時。まだ空がうっすらと明るいですね。

 

 

そして子供部屋のアイテム。

 

↓こんなものを購入。二段ベッドにすっぽりと被せます。

f:id:sverigeyoshi:20170418035546j:image

 

↓ダイニングからこんな風に見えてちょっと素敵…?

f:id:sverigeyoshi:20170418035644j:image

 

娘もお気に入り。

 

↓ドーム型のベッド!

f:id:sverigeyoshi:20170418035721j:image

 

まぁ娘はここで寝てくれないんですけどね。

 

近々訓練を開始します。

 

スウェーデンの子供達は1〜2歳の頃から親と離れて一人で寝るのが一般的です。

 

なので我家もそれに習おうと…

 

遅くとも次女が産まれてくるまでには何とかせねば!!

 

って、予定日まであと2ヶ月ちょっとなんですね。

 

早い早い。

 

名前もだいたい決まりました。

 

日本とスウェーデン、両方で使える名前って数えるほどしかないので選択肢が限られます。

 

↓秘密基地のようでいいですね。でも娘は立ち上がると頭がぶつかっちゃうんですよね…

f:id:sverigeyoshi:20170418040023j:image

 

そう言えば、IKEAの向かいの電気屋さんでテレビを物色しました。

 

ELGIGANTENという電気屋で、スウェーデン版のビックカメラもしくはヤマダ電機ってとこです。

 

↓10万円ぐらい。55インチの4K。

f:id:sverigeyoshi:20170418040112j:image

 

んー、10年ちょっと前だと、この大きさの液晶テレビとかプラズマテレビって50万円とかしたと思うんですけどねぇ。

 

過剰な価格競争のせいで、テレビ業界って自らテレビの価値を下げちゃいましたよね。

 

しかし、電気屋さんのテレビコーナーを見渡すと、

 

サムソン 7割

LG 1割

PHILPS 0.5割

SONY 0.5割

その他 1割

 

って感じでした。すごーく適当な印象です。

 

日立は?東芝は?パナソニックは?

 

みんないなくなっちゃいましたね。

 

薄利多売どころか売れば売るほど赤字ビジネスだったんじゃないでしょーかね。

 

そりゃみんな撤退しますよ。

 

日本の家電量販店はもう少し様相が異なるのかなぁ。

 

日本人ですし、日本メーカーのものが欲しいのですが、近々サムソンを購入しようと思います。

 

でもサムソンのテレビって素敵ですよ(^^)

 

しかし最近のテレビって薄いですねぇ。

 

ペラペラ。

 

あと曲がってるのもあるんですね!

 

テレビを買うのが久々過ぎてよく分かりません。

 

50インチだとデカすぎるのか…?

 

でもって壁掛けを自分でやらないといけません。(←DIYレベルが上達したのでこんなもんは楽勝)

 

 

 

ではではまた明日。

スウェーデンで家を買ってみた〜窓際に花や植物をやたらと飾る編〜

おはようございます。
ストックホルムへ家族で移住し、現地企業で働く35歳、一児の父親です。

 

本日は引越しが一段落したら前から行こうと決めていた観葉植物専門店へ行ってきました。

 

3万円程散財してきました。

 

たけーな、植物。

 

↓本日購入した中で一番大きな木。

f:id:sverigeyoshi:20170417053753j:image

 

↓その他諸々。娘は何をしているのか謎。

f:id:sverigeyoshi:20170417053644j:image

 

↓早速並べてみる。まずはダイニング。 

f:id:sverigeyoshi:20170417053941j:image

 

↓そしてリビング。 

f:id:sverigeyoshi:20170417054028j:image

 

↓妻がやたらと喜んでいたイチゴ。実がなるといいなぁ…

f:id:sverigeyoshi:20170417054050j:image

 

↓外から撮影。みかんは娘のリクエスト。

f:id:sverigeyoshi:20170417054127j:image

 

↓またダイニング。 

f:id:sverigeyoshi:20170417054209j:image

 

 

スウェーデンの家って、もちろん全部ではないんですが、我家のように窓際にお花を置くような台が備え付けられているんです。

 

これ、とっても気に入ってます。

 

観葉植物を飾ると、外から見たときも華やかですし、日当たりも良好ですし。

 

紫陽花なんて日当たりが良過ぎて葉っぱが枯れてしまうほどです…

 

スウェーデン人ファミリーの色々なお宅にお邪魔してきましたが、全体的に観葉植物は多めな印象です。特に窓際。

 

我家もまだまだ置けるスペースがあるので観葉植物選びが今後も楽しみです!

 

さて、4月も中旬。

 

イースターの4連休ですが、寒波が来ていてクソ寒い…

 

夜中なんて氷点下…

 

日中も3℃とか。

 

先週はポカポカだったのに!

 

↓それでも公園で遊ぶ娘。

f:id:sverigeyoshi:20170417054635j:image

 

そう言えば、前から思っていたのが、スウェーデンて気温の割に寒く感じないんですよ。

 

今日も外は3℃でしたけど、そこまで寒くないんです。

 

多分風があんまり吹かないから?かと思います…

 

なので時々風が吹くと死にそうです。

 

つまり東京の冬で10℃ぐらいて風が吹いている時よりも、こちらの3℃で無風の方が暖かく感じたりします。

 

体感温度ってやつ?

 

とにかく冬の装備って東京にいた頃と変わらないですよ!

 

意外と寒くないんです、ストックホルム。

 

スウェーデンも南北に長いので北に行けば未だに豪雪のところもありますけどね。

 

↓立ってブランコに乗れるようになったらしい。

 f:id:sverigeyoshi:20170417055137j:image

 

↓ツボミがだいぶ大きくなってますね!

この木何の木気になる木!

f:id:sverigeyoshi:20170417055218j:image

 

春は近い!

 

と思っていたら、

 

↓雪ですよ。積もるほどではないんですが。

f:id:sverigeyoshi:20170417055319j:image

 

娘は大喜び。

 

今日は、晴れ→曇り→雪→晴れの繰り返し。

 

忙しい天気でした。

 

↓店員さんごっこ。毎度、注文の取り方がメチャクチャで爆笑です。

f:id:sverigeyoshi:20170417055433j:image

 

 

さてさて、明日は4連休最後の日。

 

またIKEAに行ってランプや棚を物色しようかと。

 

いやいや、しかし持家っていいですね!

 

愛着がどんどん湧いてきます!

 

ではでは、また明日。

人間の価値観は割と短期間で変わる〜やってみないことには分からない〜

おはようございます。
ストックホルムへ家族で移住し、現地企業で働く35歳、一児の父親です。

 

facebookをやっていると、ご丁寧にも

 

「去年の今日、あなたはこんなことやってましたよ!」

 

って教えてもらえるじゃないですか。

 

↓で、コレ。

f:id:sverigeyoshi:20170416040116j:image

 

そうなんですよ、ちょうど一年前に軽油とガソリンを間違えたんですね。

 

確か6〜7万円かかったんだよな…

 

で、その更に一年前は、

 

↓出張でタイにいたようです。 

f:id:sverigeyoshi:20170416040437j:image

すっげーリゾートホテル。

 

前職ではいわゆる出張族で色々な国に行きました。

 

2年ちょっとの間に訪問した国々は…

 

↓タイ(6回)

f:id:sverigeyoshi:20170416041412j:image

 

↓ベトナム(4回)

f:id:sverigeyoshi:20170416040634j:image

 

↓グアム。これは家族旅行。

f:id:sverigeyoshi:20170416041007j:image

 

↓マレーシア(1回)

f:id:sverigeyoshi:20170416041117j:image

 

↓ドイツ(5回)

f:id:sverigeyoshi:20170416040834j:image

 

他にもイタリア(2回)、台湾(2回)、インドネシア(1回)…そんなもんだったかな。

 

前々職ではそこそこ英語が話せるにも関わらず、海外出張の機会に恵まれなかったので、転職をした理由として

 

「英語を活かしたい」

 

「インターナショナルな仕事がしたい」

 

なんて思っていたんですよ。

 

で、実際に、これでもか!て程のインターナショナルで英語を使いまくる仕事に就けたのは良かったと思います。

 

また、

 

「ビジネスクラス乗ってみてぇ〜!」

 

とも思っていました。

 

↓念願のビジネスクラス!

f:id:sverigeyoshi:20170416041903j:image

 

ですが、ビジネスクラスも2年で10回程乗る機会がありましたが…

 

次第に居心地が悪くなっていったんです。

 

周りを見渡すと上品なおじ様ばかりなんですよね。

 

その中で私だけいつも席を真っ平らにして、うずくまってWi-Fiつないでスマホをいじるってゆー…

 

似合ってなかったんですよ、つまり。

 

業績の良い大企業なんかは平社員でも長時間フライトになればビジネスクラスに乗れるんです。

 

最初は本当に「ウッヒョー!」て感じでしたし、写真をパシャパシャ撮ってましたけど、ふと周りを見渡すと私だけだったんですよ、そういう奴…

 

◾︎

 

結局2年間で海外と国内の出張がとんでもなく多くて、会社には半分ぐらいの日しか出社してませんでした。

 

それはそれで楽しかったんですけどね。

 

出社した日は残業をせずにとっとと帰っていたので、まあ家族と過ごす時間はあったわけですけど、一年の内100日近く家にいないというのが引っかかっていました。

 

 

何が言いたいかって、やれ英語が使いたいとか、やれインターナショナルなお仕事がしたいと思って、いざそれが実現しても、また次の欲が出てきたり、無い物ねだりになったりとキリがないんだな、と。

 

ビジネスクラスに乗ってみたものの、頻繁に乗るようになるとそのありがたみも忘れてしまうんですね。

 

で、当時の自分は

 

「このままでいいのかな」

 

と考え、色々な国に行ったおかげで視野が広がったのか、スウェーデンへ移住となったわけです。

 

その結果、出張はほとんど無くなりました。

 

前職で一生分出張したのでもういいですw

 

ビジネスクラスももういいです。

 

(ファーストクラスには乗ってみたいかなw)

 

 

まあだから何が言いたいかというと、人間というのはとことんやり尽くさないと次が見えてこないのかなと思います。

 

天才は別なんでしょうけど、私のような凡人はアレをやってみてコレをやってみて、ハッと気付いてまた次に行ける、この繰り返しだと思うんです。

 

facebookでの昔の自分の投稿を振り返ると、その当時の価値観が思い出せて面白いですね。

 

ですが移住してきてからの投稿を振り返っても何とも思わないんです。

 

価値観に変化がないからでしょう。

 

今後、私の価値観は変わっていくのでしょうかねぇ。

 

私の人生、どうなっていくのでしょうか。

 

 

スウェーデン語を話せるようになっているのかなぁ…

 

子供達が大きくなったら何語で話すのかなぁ…

 

でっかい家に引っ越せるのかなぁ…

 

次に価値観が変わる時はこれらをやってみてからだと思います。

 

なのであと20年ぐらいは変わらないのかなぁ。

 

 

何かの延長ではなく、先がモヤモヤとしてよく見えない感じがワクワクします。

 

 

と、本日はよく分からないまま終わります。

 

 

明日は観葉植物を買いにPlantagenという植物屋さんへ行ってきます!

 

ではではまた明日。

スウェーデンで家を買ってみた〜壊れた食洗機の修理編〜

おはようございます。
ストックホルムへ家族で移住し、現地企業で働く35歳、一児の父親です。

 

 

今日からイースターで4連休でこざいます。

 

本日は、床の張替え時に誤って食洗機の排水ホースを切ってしまったのでその修復作業をしました。

 

↓床の張替えの模様。 

 http://sverigeyoshi.hatenablog.com/entry/2017/04/02/061609

 

(張替え?貼替え?)

 

さて、まずは現状の確認から。

 

↓ホースが切断されています。まぁこれは自分で切ったんですけど。

f:id:sverigeyoshi:20170415040344j:image

最初は小さな穴が空いているだけで、ホースを動かすとピューっと水が出て来るだけだったのですが、穴の位置がよく分からず色々な方向にホースを曲げていたらいつの間にかパックリ割れてしまい…

 

ドバドバ…

 

排水ホースなので中身はもちろん排水。

 

あんまり綺麗じゃないですけどね、そこまで汚くもありません。

 

さて、どうやって直そうか。

 

手っ取り早いのはホースを丸ごと取り替えることですよね。

 

↓ホースを外して、この状態でホームセンターへ。

f:id:sverigeyoshi:20170415040856j:image

 

↓さて、ホースはありましたが、端っこの口の部分がありません。

f:id:sverigeyoshi:20170415040832j:image 

 

↓店員さんにも聞きましたがやはり無し。

f:id:sverigeyoshi:20170415040950j:image

この店員さんには顔を覚えられています。

私が最近やたらと登場するもんで… 

 

 

丸ごと新品交換が不可能なので作戦を変更。

 

切断された部分をつなぎ直すことに。

 

んー、嫌な予感しかしない。

 

店員さんと相談の結果、とりあえずホースジョイントを使うことに。

 

↓ちょうど径が合うんです!適当にOリングもはめておきました。

f:id:sverigeyoshi:20170415041040j:image

 

↓後はホースに差し込むだけです。でもホースの径が微妙に小さいのでドライヤーで温めて少しだけ広げます。

f:id:sverigeyoshi:20170415041144j:image

 

↓さらに、水漏れ部専用のテープを上からグルグル。

f:id:sverigeyoshi:20170415041232j:image

 

ホースバンドを付けようか迷いましたが、まずはこれで様子を見てダメならホースバンドをトライしてみよーかなと。

 

 

 ↓元の位置に戻し、試運転。

f:id:sverigeyoshi:20170415041529j:image

 

結果、水漏れ無し!

 

やったね!

 

でもまだ一回だけなのでしばらく様子を見ないもいけません。

 

今回は排水側のホースで、水圧もそれほどかからないのでこの方法で大丈夫でしたが、給水側は多分ダメだと思います。

 

ところで、この食洗機、45cm幅でかなり珍しいんですよ。

 

普通は60cmです。

 

45cmは我家でしか見たことありません。

 

あまり食器も入らないのでいつかでかいのに変えようと思います。

 

あー、キッチンを総入れ替えしたいなぁ…

 

IKEAでそこそこのを揃えると4〜50万ぐらいします。

 

もう少し良いブランド、例えばKVIKというところだと60〜100万ぐらいですかね。

 

高いです。

 

なので…中古のキッチンにしようと思います。

 

よくblocetに出ています。

 

キッチン丸ごとどーぞ!って。

 

https://www.blocket.se/stockholm/Komplett_kok_72673630.htm?ca=11

 

例えばコレ。

 

コレで8000kr(10万円ちょい)です!家電も全部付いて来るそうで!

 

やり方はそんなに難しくありません。

 

既存のキッチンをぶち壊します。

 

新しいキッチンをモジュールごとに取り付けていくだけです。

 

水回りを動かすのは面倒なのでそのまま。

 

時間があって、お友達が一人いれば楽勝です。

 

 

いつかやりますよ、いつか。

 

さてさて、明日は元ご近所さん一家が遊びに来ます!

 

お気に入りの同い年の男の子が来るので、難しくもルンルンでございます。

 

ではではまた明日!

新居からの自転車通勤風景〜クリスマスをやるならイースターもやるべき!?〜

おはようございます。
ストックホルムへ家族で移住し、現地企業で働く35歳、一児の父親です。

 

引越した為、自転車での通勤ルートが変わりました。

 

↓2月下旬の自転車通勤風景(前の家)

http://sverigeyoshi.hatenablog.com/entry/2017/02/22/060435

 

 

 

 

↓自宅駐輪場。小屋の中に自転車を停めています。

f:id:sverigeyoshi:20170414032725j:image

自宅のすぐ目の前にあって、ベビーカーなんかも置けてかなり便利。

 

↓すぐに駅前。この建物にはGymnasetと言って日本の高校に相当する学校が入っています。

f:id:sverigeyoshi:20170414032826j:image

 

↓目抜き通り。

f:id:sverigeyoshi:20170414033514j:image

 

↓いつも行ってるショッピングモールを抜けます。

f:id:sverigeyoshi:20170414033539j:image

 

↓右に行けばストックホルム中心部まで行けるみたい。でもここは真っ直ぐです。

f:id:sverigeyoshi:20170414033612j:image

 

↓そしてこの山を越えます。

f:id:sverigeyoshi:20170414033726j:image

 

↓これが地味にシンドイ…

f:id:sverigeyoshi:20170414033753j:image

 

↓山を登り切ったところ。

f:id:sverigeyoshi:20170414033836j:image

 

 山を降れば会社です。

 

20分ぐらいですかね。

 

って感じです。

 

以上!

 

明日からイースターで4連休!

 

イースターって、キリストの復活を祝う行事なんですってね。

 

なので、クリスマスとイースターはセットなんですよ。

 

クリスマスだけやるってのはおかしいんですって。

 

って同僚が今日言ってました。

 

まぁでも日本はお花見シーズンですし?

 

4月にこれ以上イベントは要らないですよね。

 

でも去年のイースターは3月だったような…

 

日本はそもそも仏教の国ですし?

 

でもクリスマスとハロウィンはやるんですよね。

 

純白のウェディングドレスとか。

 

この話をするとスウェーデン人はみんな不思議がります。

 

ではでは、また明日!

 

 

外国語習得はインプットとアウトプットの両方が必要〜スウェーデンへ移住した夫婦の学び方〜

おはようございます。
ストックホルムへ家族で移住し、現地企業で働く35歳、一児の父親です。

 

本日は新居への初ゲストとして、旧我家のお隣さんを招きました。

 

旧お隣さんと言えば良いのかな。

 

何かとお世話になりっぱなしだったので、お招きできて良かったです。

 

↓お馴染みの旧お隣さん。

f:id:sverigeyoshi:20170413033135j:image

 

なるべくスウェーデン語で話すように心がけました。

 

いやーしかし、自分で言うのもなんですが、まあだいぶベラベラとスウェーデン語で話すようになったものです。

 

ただ、これは得意の

 

"文法めちゃくちゃでもとりあえず知ってる単語を適当に並べる"

 

パターンなんですね。

 

私がスウェーデン語を話しているのを見たら、日本の人は、スウェーデン語がベラベラなんですね!となるのでしょうが、実際に使っている単語は小学生レベルなんですね。

 

いや、幼稚園児レベルかも。

 

多少文法や単語が間違っていても、私はこのやり方が好きなんです。

 

恥ずかしさはゼロです。

 

どうせ今は逆立ちしたって完璧なスウェーデン語は話せませんから。

 

5年や10年いてこのレベルだったら恥ずかしいですけどね。

 

なので細かいところは後から徐々に修正していくんです。

 

 

ところが妻はこのパターンではないんですね。

 

妻は元々口数は少ない方で、私のようにペチャクチャと話しません。

 

ですが、妻の方が難しい単語を知っています。

 

時折妻がスウェーデン語を話し出すと、毎度難しい言葉を発するので何を言ってるのか分からないことが多いんです。

 

妻は毎晩夜な夜なテキストを広げて黙々とやっていくタイプなんですね。

そこから難しい単語を拾っているんです。

 

単語だけでなく、文法や言い回し、規則など色々と知っています。

 

でも、私はテキストを広げるよりも、同僚や友人と話しながら

 

「これって何て言うの?」

 

と聞きまくって覚えています。

 

英語もコレでやってきました。

 

つまり、人それぞれ言葉の学び方は異なりますし、正解はないんですね。

 

ただ、いずれにせよ、アウトプットの場が必要です。

 

テキストにせよ、同僚や友人に質問をするにせよ、それはインプットでしかありません。

 

アウトプットの場=今夜の夕食の場などで、覚えた単語を

 

「えーっとなんだっけ!?」

 

思い出しながら使う回数を増やさないとダメなんです。

 

この、「えーっとなんだっけ!?」を繰り返せば繰り返すほど単語は脳に定着します。

 

次第に自然と出てきます。

 

今まで何度も書いてきましたが、車の運転と同じです。

 

最初は車庫入れとか縦列駐車はシンドかったと思います。

 

何度もやっているうちに、スムーズにできるようになってくるものです。

 

外国語も全く同じ。

 

インプットとアウトプット。

 

学んだものを吐き出す場が必要なんです。

 

 

はい。

 

本日はこんなところで。

 

ではではまた明日。