スウェーデンに移住した36歳妻子持ちエンジニアのブログ

娘の教育と妻のキャリアの為にスウェーデンへ移住。

ヨーク(イギリス)へ出張

ストックホルムへ家族で移住し、現地企業 Öhlins Racing ABで自動車用サスペンションを開発するエンジニア、36歳、二児の父親です。

 

月曜から今日までの3日間、イギリスのヨークというところに行っていました。

 

↓歴史のある街だそうで。

f:id:sverigeyoshi:20180308025731j:image

 

↓素敵な街並み。

f:id:sverigeyoshi:20180308025813j:image

 

New YorkではなくYork。おそらくNew YorkはYorkからの移民が作った街なのかなと。

 

横浜と新横浜みたいな?

大阪と新大阪みたいな?

 

ちょっと違いますね。

 

3日間、何をしていたかは取引先の機密に触れるお話なので詳しくは書けません。

 

とにかく朝から晩までお仕事です。

 

↓レンタカーを借りたらベンツ!やっぱFRはいいですね。

f:id:sverigeyoshi:20180308025916j:image

 

↓内装。レンタカーなので豪華絢爛ではありませんね。

f:id:sverigeyoshi:20180308030003j:image

 

↓C200なのでパワフルではありません。私のV60 D4と比べちゃうと低速のトルクが無くてイライラします…

f:id:sverigeyoshi:20180308030054j:image

 

しかし、Cクラスでかくなったなぁ…つーかデカ過ぎでしょ。ウチの車庫に入らないぞ。

 

↓同僚といわゆる英国風パブに行ってみたり。

f:id:sverigeyoshi:20180308030349j:image

 

↓そうそう、パブに犬がいました。飼い主はパブのオーナー。大人しくてかわいかった(^^)

f:id:sverigeyoshi:20180308030435j:image

 

ちなみに最寄りの空港はマンチェスター。ヨークまでは車で2時間程で着きます。

 

仕事なので全く観光はしていませんが、しかし、イギリスに来ると本当に楽です。

 

書いてあること、聞こえてくることが分かるからです。

 

イギリスアクセントに慣れるのにちょっと時間がかかりますけどね。

 

アクセントと言えば、今回はアメリカ人、イギリス人、スウェーデン人と話す機会がありましたが、アメリカ英語とイギリス英語はちょっと真面目に聞いてないと分からなくなっちゃいますね。

 

どうやらスウェーデンの人が話す英語に慣れ過ぎてしまったようです。

 

私個人的にはスウェーデン人の英語って最も理解しやすいのではと思います。

 

日本では「英語=アメリカ!」のようなイメージがあるのでしょうが、世界ではいろーんな英語があります。

 

イギリス、アメリカ、オーストラリアでそれぞれ発音は異なりますし、それぞれの国に方言があります。

 

スウェーデン国内でも、例えばストックホルム出身の人の英語とイエテボリの人の英語はだいぶ異なります。

 

最近はインドやパキスタン、イランの人ともよくお話しますが、かなり癖があります。

(ぶっちゃけほとんど何を言ってるのか分からない。特にSkypeはヤバイ。)

 

また、それぞれの国の英語に独特な表現方法があり、色々な国の人と英語で話すと勉強になります。

 

ところで、これ、マンチェスターの空港で書いていて、間もなく搭乗なのですが、そう言えばパスポートコントロールがありませんでした。

 

係の人に聞いたら

 

「搭乗ゲートでチラッと見るからいいのよ」

 

とのこと。

 

出国時はスタンプも押さないんですって。

 

マンチェスターに着いた時は入国審査でけっこう根掘り葉掘り聞かれたのに…

 

入ってくる人は入念に検査するけど、出て行く人はもはやどうでも良いってことなんですかね…

 

さてさて、ストックホルムまでは2時間ちょい。

 

そろそろ搭乗します。

 

早くお家に帰りたいです。

 

3日も家族と会わないのはキツイですね…

 

※Instagramにもいくつか写真をアップしてあります↓

 

yoshi_san_9999

 

ではでは

スウェーデンに移住して丸2年 我々の選択は正しかったのか

ストックホルムへ家族で移住し、現地企業 Öhlins Racing ABで自動車用サスペンションを開発するエンジニア、36歳、二児の父親です。

 

早いものでスウェーデンに移住してから丸2年が経過しました。

 

↓今朝は-13℃!さすがに外にいると寒い…-5℃ぐらいまでは何とかなる。0℃とか楽勝。+なら手袋要らない。

f:id:sverigeyoshi:20180301053435j:image

 

2年経過してどうかと言いますと、つい最近も書きましたが、私の頭の中はお花畑なんです。

 

子供の教育や男女平等社会、ワークライフバランスは、我々が日本にいたらどんなに億万長者になっても手に入らなかったものばかりです

 

なもんで毎日ハッピーでございます。

 

そんなはずあるまい!と思うお方は先日のエントリーをどうぞ↓

 

しかし、この2年はホント順調でした。多分来年もそんなに変わらないでしょう。

 

↓ちょうど一年前にも同じことを書いていますね。 


一年前と比べて、次女が誕生し、家と車を買ったぐらいで、後はほとんどアップデートはありません。

 

私は会社で働き、妻はスウェーデン語と児童学を勉強し、長女は就学前学校に通っていて、次女はハイハイができるようになりました。

 

↓次女、毎日ニコニコしていて癒されます…f:id:sverigeyoshi:20180301053359j:image

 

↓長女、毎日うるさい!笑笑 元気でよろしい。

f:id:sverigeyoshi:20180301052046j:image

 

そしてこの一年で、各自成長を実感できています。私も妻も長女も、去年と比べて遥かにスウェーデン語が話せるようになっています。

 

↓スケートにどハマりした長女。スウェーデン語もペチャクチャと話すようになりました。

f:id:sverigeyoshi:20180301052505j:image

 

私は先日電話でピザが頼めました!!うれしー!!

 

以前、頑張ってスウェーデン語でピザを頼んだら一枚多かったり、バーガーキングでもハンバーガーが一個多かったりと散々な目に遭ってきましたが、最近ではオーダーを間違えることもなくなりました。

 

妻も最近は病院や学校、公的機関に電話しまくっています。そしてきちんと意思の疎通ができています。

 

いや、ホント大きな進歩でございます。特に妻の伸び代はすごいですね。ビックリです。

 

 

しかし、私は仕事も極めて順調で、最近はもう楽しくて仕方がありません。

 

とにもかくにも、毎朝家族みんなで朝ごはんを一緒に食べ、夕飯もみんなで一緒に食べて子供達が寝るまで一緒に過ごせるだけでホントに幸せです。

 

なのでこれ以上望むものはもうありません。

 

健康でさえいられればOK!あー、健康を気遣うようになってきたか…だいぶオッサンになったものだ…今年で37だもんなぁ。

 

↓長女とお絵描きをよくしますが、先日こんなのを描きました。

f:id:sverigeyoshi:20180301052636j:image

 

↓こんなのとか。長女も気に入ってくれたのでしばらく寿司マンシリーズを続けようかと。 

f:id:sverigeyoshi:20180301052718j:image

 

↓寿司マンの部屋。

f:id:sverigeyoshi:20180301053309j:image

 

さて、2周年を祝うべく都心の洒落たレストランにでも行こうかしら。

 

ではでは。

まさに大自然 スウェーデンの凍った湖を滑るスケートは生涯の趣味

ストックホルムへ家族で移住し、現地企業 Öhlins Racing ABで自動車用サスペンションを開発するエンジニア、36歳、二児の父親です。

 

今日は先日加入したクラブのスケートツアーに参加してきました。

 

↓クラブ加入時の過去記事。

http://sverigeyoshi.hatenablog.com/entry/2018/01/08/015953

 

いつもは近所の湖で、雪掻きがしてあるところを滑っていました。まぁ半人工的というか…

 

↓こんな感じ。

f:id:sverigeyoshi:20180226050343j:image

 

でも本日のスケートは大自然でございます。

 

文字より写真の方が伝わると思いますので、今回は写真をズラズラと並べます。

 

↓9:00。スタート地点。この時はまだ寒かった…マイナス6℃だったかな。

f:id:sverigeyoshi:20180226042751j:image

 

↓まずはミーティング。スウェーデン語ですけど一生懸命聞きました。参加者は全部で150人ほど。速度別に5つのグループに分かれます。私は4番目のグループにしました。初心者に毛が生えたレベルです。

f:id:sverigeyoshi:20180226042946j:image

 

↓準備OK!ロンT、パーカー、ペラペラのアウターの3枚しか着ていません。この後動くしこの日差しなので最初はガクガクブルブルでも我慢。

f:id:sverigeyoshi:20180226043049j:image

 

↓出発!リーダーの後を追います。実はこのリーダー、私の友人。 

f:id:sverigeyoshi:20180226043223j:image

 

↓この人とは7,8年前に日本で初めて会いました。まさかその後スウェーデンで一緒にスケートをするなんてね!

f:id:sverigeyoshi:20180226043356j:image

 

昨年私が書いた育児休暇の記事にも登場しています。

 

 https://www.lifehacker.jp/2017/12/171203_how-sweden-men-spend-paternity-leave.html

 

↓しかし、景色が壮大過ぎる。一生涯の趣味を見つけてしまいました。スウェーデンの冬が大好きです。

f:id:sverigeyoshi:20180226043527j:image

 

↓5分ほど滑って装備を再確認。暑過ぎる人、寒過ぎる人、それぞれいますので…リーダーさん、気がきくぜ。 

f:id:sverigeyoshi:20180226043626j:image

 

↓スイスイスイ〜。しかしクソ暑い。氷点下で薄着なのに暑い暑い。それだけ動いてますからねぇ。

f:id:sverigeyoshi:20180226043925j:image

 

↓私の後ろ姿。んー、いいんじゃないですか。

f:id:sverigeyoshi:20180226044016j:image

 

↓何やら金属製の目印のようなところでちょっと休憩。これ、船の人達が使うんですって。電波だかを反射させる装置のようで…今はGPSがあるから出番ないのかな。この時は風がビュンビュンで寒かった… 

f:id:sverigeyoshi:20180226044055j:image

 

↓湖の氷は様々な表情を見せます。この時は雪がまだら模様。

f:id:sverigeyoshi:20180226044240j:image

 

↓この時はかなりフカフカ。でもほとんど抵抗を感じません。ビックリ。

f:id:sverigeyoshi:20180226044328j:image

 

↓スケートでもFIKAは欠かせません。水筒の中身は全員コーヒー。 こんなところで飲むコーヒーの味って格別ですよ。

f:id:sverigeyoshi:20180226044426j:image

 

↓私。このクラブ、1万人ほど在籍していて、先日名簿が届いたのですがアジア人と思われる名前は私ただ一人でした。わざわざ全員の名前をジーっと見たのは私ぐらいでしょう…

f:id:sverigeyoshi:20180226044541j:image

 

↓本日お友達になった人。普通におしゃべりしてたけど、最後に企業のお偉いさんであることが判明!でもお友達。次会った時も、いよう!って感じです。

f:id:sverigeyoshi:20180226044740j:image

 

↓午後からは雪。太陽が出ていると暑過ぎたのでちょうど良かったかも!? 

f:id:sverigeyoshi:20180226044942j:image

 

↓時々スケートを脱いで歩いたりもするんです。湖から隣の湖へ移動します。

f:id:sverigeyoshi:20180226045026j:image

 

↓本日のルート。ストックホルム中心部から西へ30kmほどのところです。赤い線の上がスタートで下がゴール。 

f:id:sverigeyoshi:20180226045125j:image

 

本日はトータルで30〜35km程を滑りました。

 

↓そう言えば、行きの車から見た朝焼けも綺麗だったな。

f:id:sverigeyoshi:20180226045313j:image

 

FacebookやInstagramで動画を公開しています!是非ご覧ください!

 

Facebook

tomoya yoshizamwa

 

 Instagram

yoshi_san_9999

 

 

ではでは。

Forbes Japanに連載することになりました

ストックホルムへ家族で移住し、現地企業 Öhlins Racing ABで自動車用サスペンションを開発するエンジニア、36歳、二児の父親です。

 

↓昨夜は近所の湖をタイマツを持ってスケートでみんなで一周するイベントでした。

f:id:sverigeyoshi:20180223063456j:image

 

↓スウェーデン人のご近所さん一家と一緒に行きました。友人は写真好きで、スケートよりも写真…!? 

f:id:sverigeyoshi:20180223063626j:image

 

この↑の写真は2枚とも凍った湖の上にいます。

 

 

◼️

さて、タイトルの通り、Forbes Japanさんへの連載をすることとなりました。

 

昨日、その第一弾が公開となりました。

 

↓「私が家族でのスウェーデン移住を決めた理由」

 

 

ライターとしては、昨年より連載をしているライフハッカーさんに加えて2つ目のメディアとなります。

 

もはや立派な副業となり、プライベートの時間をけっこう割いて執筆活動をしています。

 

スウェーデン社会の実情を伝えることで、日本社会の発展のヒントとなればと思って書いています。

 

ただ、インターネットの世界での発信の仕方は昨今色々とあるわけでして、それぞれのやり方で伝え方や伝える内容に色を付けています。

 

 

1 Forbes JapanやLife hackerの記事

これらは数十万人の方々に読まれますし、メディアの看板を背負っての発信となるので、当然ながら最も労力を使いますし、その分公開された際の喜びもひとしおです。

 

但し、様々な方面から批判的なコメントも来ますので、まぁ諸刃の剣といいますか、お茶の間の会話が筒抜けになる時代なのでこれは仕方のないことですね。

 

言論の自由がありますからね。悪口を言ったり、批判することは権利として認められています。

 

 

2 このブログ

1と比べてカジュアルな内容となっています。たまにグルメブログにもなりますが、基本的には社会派ブログとして日本社会へのメッセージを込めて発信しています。

 

ポリシーとして、バナーや広告などを貼って小銭を稼ごうということはしません。飽くまで、今までお世話になった日本社会の発展に貢献するのが目的であって、金稼ぎではありません。

 

また、以前にも書きましたが、本ブログを継続する理由としては、娘達が大きくなった頃に読んでもらう為でもあります。

 

↓ブログを毎日更新する理由(今は毎日更新はしていませんが…)

 

http://sverigeyoshi.hatenablog.com/entry/2017/03/21/052104

 

 

子供達はいつか

 

「何故私の親は日本を出てスウェーデンに来たのだろう」

 

と自問自答をするはずです。

 

その時に備え、本ブログをきちんと製本した上で子供達に読んでもらいたいと思っております。

 

 

3 Facebook

こちらはよりカジュアルになってきます。

万人に公開の設定となっていますが、スタンスとしては私が知っている人に向けて発信をしています。

 

Facebookでの"お友達"は基本的に会ったことがある人なので、私の人となりをよく理解されている方に向けて発信をしているつもりです。

 

当然ですが、ブログほど長いメッセージは書けないので写真でできるだけ"スウェーデン"が伝わるように工夫をしています。

 

↓で検索をすれば私が出てくると思います。

 

tomoya yoshizawa

 

ただ、一言メッセージが欲しいです。

 

会ったことが無い人も"お友達"になっている人が多々いますが、私は友達になる前に、どういったお方なのかを少しでも理解したいタイプの人間なので…

 

プロフィールにも

「友達申請時は一言メッセージよろしく!」

って書いてあるんですけどね…記事が公開となる度に多数の申請を頂くのですが、ほとんどの方がいきなりの友達申請なので…

 

いきなり友達申請とか来ると、怖い!って思うのは私だけ!?

 

※フォロー可能な設定に変更しましたのでお気軽にどうぞ。

 

 

4 Instagram

こちらは最もカジュアル、そして気軽に投稿をしています。Instagramが最も我々のスウェーデン生活が伝わるかと思います。

 

細かな社会の仕組みの違い等、メディアの記事やブログに書くほどのレベルでないものを発信しています。

 

こちらはFacebookとは違い、来るもの拒まずでやっていますのでお気軽にフォローしてみて下さい↓

 

yoshi_san_9999

 

 

というわけで、あと数年は執筆活動に精を出そうと思います。

 

妻が働き始め、経済的に余裕が出てきたら車orバイクの趣味に戻る予定なので…

 

↓今日会社にあったバイク。これなかなかいいなぁ…空冷エンジンだったら完璧なのに。 

f:id:sverigeyoshi:20180223063208j:image

 

ではでは、今後ともよろしくお願いします。

Instagramでスウェーデンの日常を発信中

ストックホルムへ家族で移住し、現地企業 Öhlins Racing ABで自動車用サスペンションを開発するエンジニア、36歳、二児の父親です。

 

本ブログは不定期に更新していますが、Instagramにかなりの頻度で日常の模様をUPしています。

 

↓どうぞお気軽にフォローしてみてください。

 

yoshi_san_9999

 

 

↓こんな感じです。

f:id:sverigeyoshi:20180219012226p:image 

 

↓最近はスケートばっかですね。

f:id:sverigeyoshi:20180219012310p:image

 


ほとんどがどうでもよい内容ですが、湖でのスケート動画などはなかなか見応えがあるのでは。

 

ブログに書くほどでもないレベルの事をちょっとした文章を添えて投稿しております。

 

決して商売目的でフォロワーを増やしたい訳ではございません!笑

 

↓雪だるまを作りました。目が怖い!?

f:id:sverigeyoshi:20180219013309j:image

 

ではでは

本日はスウェーデン全国でSemlaを食べる日

ストックホルムへ家族で移住し、現地企業 Öhlins Racing ABで自動車用サスペンションを開発するエンジニア、36歳、二児の父親です。

 

本日はSemlaの日です。

 

Semlaって?

 

↓これです。美味しいヤツです。複数形はSemlorです。

f:id:sverigeyoshi:20180214002414j:image

 

何やらイースターの日から何日前だとか決まりがあるらしく、まー毎年だいたいこの時期にSemlaの日がやってきます。

 

スウェーデンとしては歴史のあるイベントで、とにかく今日はこのSemlaを食べます。

 

↑の写真は会社で撮ったものです。

 

ランチの後に食べたり、Fikaの時に食べたり…

 

↓同僚みんなでムシャムシャ。

f:id:sverigeyoshi:20180214002834j:image

 

ちなみに昨年のSemla消費量はスウェーデン全体で4千万個だそうで…

 

国民一人当たり四つの計算になりますね!

 

確かに、私も今年は既に5個食べています。

 

これ、日本ではあまり見かけませんよね。IKEAに行けばあるのかな。

 

これ、超美味いのでそのうち日本でも流行ると思いますよ。

 

本日は長女のフィギュアスケート教室が17時からあるので、15時に長女を就学前学校へ迎えに行きそのまま帰宅。

 

家族でFIKAをしました。

 

↓長女ももちろんSemla。この後のスケートでこの分のエネルギーを消費していただければと。 

f:id:sverigeyoshi:20180214002925j:image

 

↓そう言えば雛人形を出しました。 

f:id:sverigeyoshi:20180214002951j:image

 

以上、グルメブログでした。

 

ではでは

 

 

スウェーデンでパパをやる ワンオペ育児体験記 その1

ストックホルムへ家族で移住し、現地企業 Öhlins Racing ABで自動車用サスペンションを開発するエンジニア、36歳、二児の父親です。

 

本日、ホントは待ちに待ったスケートの日だったのですが…(いきさつは昨日の投稿をご覧下さい)

 

昨日、スケート中に派手に転びまして。昨日はなんともなかったのが、今朝起きたらヤバイことになっていました。

 

まともに歩けないレベルなのでドタキャンです…

 

また来週かな。

 

◼︎

というわけで今朝は、長女と次女をお風呂に入れて、10時から長女のスケート教室に行きました。

 

↓本日で5週間に渡るレッスンが終了。長女は皆勤。だいぶ上達したものです。

f:id:sverigeyoshi:20180211232435j:image

 

↓来週からはKonståkning (英直訳: Art skating)フィギュアスケートの方に参戦します!こっちはもっと難しいぞ!頑張れ長女!(昨日お試しレッスンに参加した時の様子)

f:id:sverigeyoshi:20180211232618j:image

 

今後の5週間、火曜の夜と土曜と週に2回通うことになります。

 

目指せ浅田真央ちゃん。

 

11時にスケート教室が終わり、妻が一人で勉強に専念したいとのことで、子供2人(4歳、8ヶ月)と3人でしばらく過ごすことに。

 

7月から私が育児休暇なので、その準備でもあります。

 

んー、どこに行こうか。私の左足がヤバイので外で身体を動かす系は難しい…

 

仕方ない、ショッピングモールに行くか。

 

Timberlandのブーツが欲しいし、スケート関連のグッズを物色できたらいいなぁなんて思ってました。

 

家から車で20分のところに、Mall of Scandinaviaという北欧最大のショッピングモールがあります。

 

長女はここのディズニーストアがお目当てなので大喜び。

 

お昼前に出発。行きの車では次女がギャン泣き。

 まぁ、空腹かオムツかどちらかでしょう。

 

↓モールの駐車場にて。まずはベビーカーをトランクから出します。次女、ひたすら泣く… 

f:id:sverigeyoshi:20180212033543j:image

 

 

ディズニーストアに行きたい長女をなだめながら、まずはベビー休憩室で次女のお食事。

 

何がいいって日曜の昼時なのにこのベビー休憩室がガラガラなんですよね。

 

さぁ、離乳食(お粥とブロッコリー)を与えてみて機嫌が直るかしら…俺も空腹で手が震えてきたよ〜…

 

その後オムツも変えていざディズニーストアへ!と思いきや、次女はベビーカーに乗った瞬間にまたギャン泣き。

 

抱っこ以外は受け付けない作戦ですね…

 

ただ、片手でベビーカーを操作できないので、ベビー休憩室の遊び場に行くことに。

 

しかし、抱っこ紐を持ってくるべきだった…

 

↓Lekrum、英語でPlay room。もちろん無料。ここに長女を放り込み、次女が落ち着くまでしばらく戯れることに。

f:id:sverigeyoshi:20180212052642j:image

 

んー。ベビーカーに乗せるとやっぱりダメですね…でもこうしていても仕方がないので、ルンルンの長女と、泣き叫ぶ次女をベビーカーに乗せてディズニーストアへ。

 

すれ違う人がみんな見てきます…これ、上の段に長女がいて、下段の次女が隠れて見えないので泣き声がどこから聞こえるか分からないからなんですよ。

 

それはさておき、先程のプレイルームの隣にディズニーストアがあります。

 

極めて戦略的な位置関係。我々はこの戦略にドンピシャリでハメられたアジアンファミリー。

 

↓ルンルンでディズニーストアに入る長女。

f:id:sverigeyoshi:20180212034312j:image

 

値段設定がすごいことになっているので、基本的にここでは何も買わないことになっており、長女もそれを何となく理解しているので変におねだりはしてきません。

 

でも、「これかわいーねー!」とか「これ素敵だなぁ!」とか、間接的に「買え」と言っているのは分かります。

 

↓そう言えば一つ気になったことが…例えばこのドレス。

f:id:sverigeyoshi:20180212034754j:image

 

↓タグが思いっきり日本語ですねぇ…

f:id:sverigeyoshi:20180212034823j:image

 

他の商品の多くに日本語のタグが付いてます。

 

何故?日本でよく売れてて日本向けの生産量が多い?それを輸入してるの??

 

確かに、ディズニーランドって世界有数の大都市にしかないしなぁ。でもパリにもあったよな、確か。フランス語のタグだったらまだ理解できるんだけどな。

 

↓長女がジーっとこの人形を見つめていました。お、珍しくお手頃価格!150kr=2000円程度。

f:id:sverigeyoshi:20180212035050j:image

 

この時点で早くも次女を抱えている左腕はプルプル…

(いつも妻に情けないと笑われる)

 

家を出てからこれまで、長女は非常に協力的ですし、この後のお昼ご飯のことを考えて取引をもちかけました。

 

「この人形欲しい?じゃあこの後次女が騒いでも助けてくれる!?」

 

↓というわけで購入。500円ぐらいする袋まで購入。約束守れよ!

f:id:sverigeyoshi:20180212035252j:image

 

その後、お昼ご飯へ。次女を抱えることを想定し、片手しか使えないので食べやすい寿司がいいかなと思い、アジア料理店に行くことに。

 

↓ 道中泣き叫ぶ次女。

f:id:sverigeyoshi:20180212035344j:image

 

さっきから写真を撮ってる場合じゃないのですが、後に私の貴重な育児奮闘記となるのでサッと撮ってます。

 

無我夢中でお店へ入り席を陣取る。泣き叫ぶ次女を抱っこし、落ち着かせて長女を連れてカウンターへ。 

 

あれ?寿司が無いじゃん…しまった、隣の店に入ってしまった!

 

↓仕方がないので、事実上の飲み物であるタイカレーを注文。長女はエビを揚げたヤツ。

f:id:sverigeyoshi:20180212035602j:image

 

↓IKEAの袋がヒットし、やっと静かになった次女さん。ここで私は大きなため息をついたのを覚えてます… その後高速でカレーを食う、いや飲む私…

f:id:sverigeyoshi:20180212035743j:image

 

↓長女にはスプーンを取ってこいとか、次女の水を取ってこいとか、色々とお願いを聞いてもらったので感謝。まぁさっき人形買ったからな!契約ですからね!

f:id:sverigeyoshi:20180212035834j:image

 

3人とも空腹を満たしましたが、また次女がいつ爆発するか分からないのでもう帰ることに…

 

あれ、Timberlandのブーツ…スケートのグッズ…

 

はい、無理ですね。そんなもの見る時間などありません!

 

↓車に乗って5分で2人とも寝ました。急に静か…でも長女は30分以内に起こすと決めています。夜寝られませんからね。

f:id:sverigeyoshi:20180212040002j:image

 

15時頃に帰宅。妻も勉強がひと段落ついたとのこと。

 

本日の反省点は…

・抱っこ紐を持っていくべきだった

・次女のオモチャをいくつか用意しておくべきだった

 

妻に言われた通りにアレコレ持っていくのではなく、こうして自分で壁にぶつかり学ぶべきなのかなと思います。

 

百聞は一見にしかず

百見は一体験にしかず

 

小学校の校長先生の話で唯一覚えてるヤツです。

 

◼︎

本日の夕飯は斜め上に住むご近所さんに招待されました。一歳の男の子がいます。

 

↓我家からストッケを2つ持参。あまりに近いので靴も履かずに来ちゃいました。

f:id:sverigeyoshi:20180212040212j:image

 

ここの夫妻は同世代で、とっても聡明なお二人。スウェーデン語の会話も我々のレベルに合わせてくれます。

 

分からない時はすぐに英語にしてくれるし、我々にとってものすごく良いスウェーデン語の練習にもなります。

 

↓ハンバーガーをいただきました(^^)美味しかった!

f:id:sverigeyoshi:20180212040646j:image

 

帰宅後は長女を寝かしつけて妻とSemlaを食べて今日はお終い!

 

足は痛かったが良い一日だった(^^)

 

と、今日もフワッとした内容でした。

 

早く足治らないかな…

 

ではでは