スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ

娘の教育と妻のキャリアの為にスウェーデンへ移住。

命がけの趣味、凍った湖でのスケート

 

先日、趣味のスケートに行ってきました。

 

f:id:sverigeyoshi:20200302155249j:image

 

例年ですとこの時期はストックホルムの我家周辺の湖は全部凍っていて近所で滑れるのですが、今年は観測史上最も暖冬なのでどの湖も凍る気配がございません。

 

なので車を北へ2時間走らせて凍った湖へ行ってきました。スウェーデンも南北に長い国なので北は行けば行くほど冷えるんですよ。でもたった2時間で湖がこんなに変わるとは、意外です。

 

実際のスケートの模様や装備の説明、死ぬ時ってどんな時?の解説は↓の動画でどうぞ。

 

https://youtu.be/QsCv3QZNo8c

 

■「スウェーデン移住チャンネル」始めました!チャンネル登録をお願いします!!

スウェーデン移住チャンネル - YouTube

 

 

■ このブログを書いている人

吉澤智哉

2016年にストックホルムへ家族で移住し、現地企業 Öhlins Racing ABでエンジニアとして働く傍ら、スウェーデン企業への転職・移住サポート事業LIV INNOVATIONの代表を務める1981年生まれの38歳、二児の父親です。

自己紹介 - スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ

 

 

■スウェーデン視察・調査サポート及びスウェーデン移住についての問合せ

スウェーデン視察・調査サポート及びスウェーデン移住についての問合せ - スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ

 

 

あなたのスウェーデンへの移住を実現させます

LIV INNOVATION

英語も話せない妻がスウェーデンで正社員の保育士になるまで

妻がスウェーデンで正社員の保育士になるまでの経緯を動画で説明します。

移住してから3年少々、これまで茨の道でしたが、諦めずに頑張り続けてきた結果、やっと花が咲きました。

 

いやーしかし、妻、大したもんです。

 

とにかく、移民として異国で生きるのって楽じゃないんですよ。

 

スウェーデンで生きる日本人も2パターン存在します。

 

嘆いている人。

 

楽しそうにしている人。

 

どちらになるかは自分次第。

 

 

 

というわけでご覧下さい。

 

https://youtu.be/HKY4kA4ICl0

 

 

■「スウェーデン移住チャンネル」始めました!チャンネル登録をお願いします!!

スウェーデン移住チャンネル - YouTube

 

 

■ このブログを書いている人

吉澤智哉

2016年にストックホルムへ家族で移住し、現地企業 Öhlins Racing ABでエンジニアとして働く傍ら、スウェーデン企業への転職・移住サポート事業LIV INNOVATIONの代表を務める1981年生まれの38歳、二児の父親です。

自己紹介 - スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ

 

 

■スウェーデン視察・調査サポート及びスウェーデン移住についての問合せ

スウェーデン視察・調査サポート及びスウェーデン移住についての問合せ - スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ

 

 

あなたのスウェーデンへの移住を実現させます

LIV INNOVATION

新型コロナ、スウェーデンではどんな感じ?

日本では連日トップニュース(だと聞いています)の新型コロナウィルス関連の話題ですが、私が住むスウェーデンではどうなのでしょうか。

 

まず、本投稿についての前提は以下の通り。

 

注:

・私の視点であり主観である

・ストックホルム郊外のエンジニアが感じていること

・通勤で電車には乗らない、会社まで車で5分

・私の行動範囲は子供達の学校の送り迎えと会社への通勤

・週末は気の知れたご近所さんや友人としか会わない

・私はスウェーデンに住んで4年目だが、これまで人種差別に遭った経験が無い

・現在のところスウェーデン国内での感染者は一名

 

まず、本日朝のSVT 1のニュース番組を見てみました。日本でいうところのNHKのようなものです。

 

 

まず、06:11現在、アラームの誤報?偽装?についてのニュースを報じています。左下の赤丸は他のトップニュースの見出しです。この赤丸部だけ5秒ぐらいで入れ替わっていきますので、今朝の見出しを一周するまで追ってみました。

 

f:id:sverigeyoshi:20200220142050j:image

「Nyköpingという街でFörskolaが焼失」とあります。Förskolaとは就学前学校のことで幼保一体の施設です。私としてはこのニュースが最も気になりますが…放火なのか事故なのか…

 


f:id:sverigeyoshi:20200220142041j:image

その他は「ドイツで銃殺事件11人が死亡」。

 


f:id:sverigeyoshi:20200220142056j:image

あとはBloomberg氏の話題。アメリカの政治家ですね。元ニューヨーク市長。次の大統領選にでも出るんですかね。

 


f:id:sverigeyoshi:20200220142038j:image

次は「SD=スウェーデン民主党(極右政党)が支持率を伸ばす」の見出し

 

 

f:id:sverigeyoshi:20200220142103j:image

続いて天気。すみませんこれは本題から逸れます。スウェーデン全国の本日の気温分布です。

 


f:id:sverigeyoshi:20200220142046j:image

ストックホルム含む南部の気温。そんなに寒くないですよね。今年は超暖冬です。というか冬が来ていない…このまま冬をスキップするのではないでしょうか。

 


f:id:sverigeyoshi:20200220142107j:image

北部はこんな感じで氷点下。でも例年よりはだいぶ高めの気温だと思います。

 

 

会社ではどうでしょう。

 

私のプロジェクトは中国と関わり合いがあり、連日中国の方とSkypeでミーティングをするので割とコロナの話題になりがちです。

 

しかし、我々の身内や同僚等で誰も感染はしていませんし、TVやネットニュースでしかコロナには触れません。

 

当然、同僚らは私のことをよく知っていますし、誰一人として差別はしてきません。

 

まぁぶっちゃけよく冗談を言い合っています。

 

「おい、中国出張行って来いよ!」

 

的なヤツです。

 

不謹慎だとかそういったことではなく、実感として沸かないのでこういった冗談を言える段階ということです。

 

さて、朝食を終えて再びテレビを見てみると…

 

f:id:sverigeyoshi:20200220150918j:image

「船内感染者2名が死亡」

ダイアモンドプリンセス号にて最初の死亡例


やはり大々的に扱われています。

 

ですがトップニュースではありません。45分間で一回報道されただけです。

 

 

というわけで、ここスウェーデンでも日本のダイアモンドプリンセス号はそれなりに注目されています。

 

しかし、私は差別など微塵も受けていません。それは連日気の知れた仲の人としか会わないからです。

 

私が日本人であることや、このニュースが話題になり始めてから東アジアへの渡航歴がないことを彼らは知っているからです。

 

学校の送り迎えも、一部の父兄とは話をしたり家を行き来する仲の人もいますが大多数の人達が私が誰なのかを全く知りません。

ただ、見た目から東アジアの人というのは一目瞭然。ですが、彼らは私を一切差別してきません。

それは子供を学校に連れてくる親であり、短期的な旅行者には見えないわけで、となると最近東アジアから来た人ではないと彼らは感じているのではないでしょうか。実際のところどう思っているのかは謎ですが。

 

また、6歳長女に学校でコロナウィルスが話題になっているか、また、嫌がらせを受けたかと聞いてみたところ、何人かの友達と「コロナは危ないんだよ!」というお話はしているとのこと。

ただ、からかわれたり嫌がらせを受けたことはないと言っています。この点は念の為、後に先生に確認を取っておこうと思います。

 

また、妻は都心の就学前学校で保育士として働いている関係で毎日通勤で電車に乗っていますが、今のところ嫌な思いをした経験はないそうです。

 

というわけで我々の勝手な分析、思い込みですが、スウェーデンで東アジア人として生活する上で、こちらに"住んでいる感"が出ていれば差別に合わないのかなと。

 

ただし、例えば今日、東アジアからスウェーデンに旅行に来て、マスクを付けてゴホゴホしながらスーツケースを抱えていたら私は即座に離れます。

 

これが差別と言われようと何と言われようがこんな光景はもはや恐怖でしかないので仕方がありません。

 

つまり同じ東アジア人でも、スウェーデンに住んでいるか、最近旅行で来たのかで見方は大きく変わるでしょう。

 

というわけでこれからスウェーデンに旅行で来られる方、マスク付けてゴホゴホしてたら何を言われるか分かりませんよ。

 

こちらではもともとマスクを付ける習慣がありません。なので、今東アジア人がマスクを付けていたら、それはもうコロナ以外何の想像もつきません。

 

マスクは辞めた方がいいと思いますよ。乾燥が〜とか言ってマスクするのはあなたの勝手ですが、周りに恐怖感を与えることを自覚しましょう。

 

でも風邪引いてるんだったらマスクして欲しいですけどね…。といかホテルから出ちゃダメです。こちらでは風邪気味でも家にいて仕事を休む文化なので。

 

スウェーデンに着いてから発熱でもしたらもう大変な騒ぎになるでしょう。そんな時はホテルのフロントやら1177に電話してみてください。看護師さんとお話できます。いきなり病院に行っても強烈に待たされるだけでしょう。日本のノリでいきなり病院は辞めましょう。

東アジアからの観光客がゴホゴホしながら病院に来たら恐怖そのものです。まずは1177に電話。

 

英語が苦手?んー、だったら今は来ない方が…今は最悪のタイミングだと思います。

 

 

というわけで、こんな感じです。

 

■「スウェーデン移住チャンネル」始めました!チャンネル登録をお願いします!!

スウェーデン移住チャンネル - YouTube

 

 

■ このブログを書いている人

吉澤智哉

2016年にストックホルムへ家族で移住し、現地企業 Öhlins Racing ABでエンジニアとして働く傍ら、スウェーデン企業への転職・移住サポート事業LIV INNOVATIONの代表を務める1981年生まれの38歳、二児の父親です。

自己紹介 - スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ

 

 

■スウェーデン視察・調査サポート及びスウェーデン移住についての問合せ

スウェーデン視察・調査サポート及びスウェーデン移住についての問合せ - スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ

 

 

あなたのスウェーデンへの移住を実現させます

LIV INNOVATION

リビングの絨毯?ラグを購入

リビングに敷く絨毯だかラグだかマットを買おうと思いまして。

 

↓今まで敷いていたものが古くなりとりあえず取っ払ったのですが、やっぱり何か敷きたくなりまして。

 

f:id:sverigeyoshi:20200219043208j:image

 

 

↓で、まずコレを購入。小さい!小さ過ぎるので返品して買い直すことに。
f:id:sverigeyoshi:20200219043204j:image

 

 

↓で、この大きさに。150cm x 230cmです。1200krなので1万4000円ほど。
f:id:sverigeyoshi:20200219043133j:image

 

 

↓子供達もお気に入り。汚さないでね。飲食禁止ですよ。
f:id:sverigeyoshi:20200219043157j:image

 

 

↓私の一番のお気に入りのリビング。インテリアはほぼ私がやっちゃってます。今回のラグも私が勝手に選んできました。
f:id:sverigeyoshi:20200219043129j:image

 

 

↓DJブース。置き場所がない為仕方なくここに。そうなんです、昔はDJやってたんです。今では面影ゼロですが。
f:id:sverigeyoshi:20200219043147j:image

 

 

↓スピーカーはB&Wですが初心者向けのヤツ。良い音だと思います。
f:id:sverigeyoshi:20200219043142j:image

 

 

↓反対側から撮影。このでっかいソファが特にお気に入り。家族4人でゴロゴロしても余裕があります。
f:id:sverigeyoshi:20200219044910j:image

 

 

↓バルコニーから。
f:id:sverigeyoshi:20200219043137j:image

 

 

ところで、我家は74平米のマンションです。間取りは2LDKです。スウェーデンの物件で74平米だとまず2LDKとなります。3LDKとなると90平米以上って感じですね。

 

東京在住の頃は72平米の3LDKに住んでいましたが、リビングは現在の家ほど広くありませんでしたが、現在の家はリビングにドカーン!とスペースを割いています。スウェーデンの家はリビング最優先!て感じです。一家団欒のスペースですからね。

 

しかし、子供達がもう少し大きくなり、自分の部屋が必要となってくる頃にまた引っ越そうと考えています。この家は持家なので売らないといけませんね。

 

となると次の家は必然的に寝室3つとなり、3LDK以上が条件となります。となると自動的に90平米は超えます。となると自動的に値段も高くなるわけです。

 

これまでは私一人の収入でしたのでこの家に住んでいましたが、妻が先日正社員となったので銀行からの融資可能額が一気に増えていよいよ引越しが現実的なものとなってきました。

 

ただ、長女は小学校に通い始めたばかりですし転校はしたくありません。また、できれば学校から徒歩圏内が良いのですが、みなさん居心地が良いのかなかなか物件が出てこないんです。

 

あ、そうそう、スウェーデンではあまり新築物件が存在しないんですよ。中古住宅が定番です。

 

というわけで本日は雑談でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございます…

 

■「スウェーデン移住チャンネル」始めました!チャンネル登録をお願いします!!

スウェーデン移住チャンネル - YouTube

 

 

■ このブログを書いている人

吉澤智哉

2016年にストックホルムへ家族で移住し、現地企業 Öhlins Racing ABでエンジニアとして働く傍ら、スウェーデン企業への転職・移住サポート事業LIV INNOVATIONの代表を務める1981年生まれの38歳、二児の父親です。

自己紹介 - スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ

 

 

■スウェーデン視察・調査サポート及びスウェーデン移住についての問合せ

スウェーデン視察・調査サポート及びスウェーデン移住についての問合せ - スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ

 

 

あなたのスウェーデンへの移住を実現させます

LIV INNOVATION

私がYouTubeチャンネルを続ける理由

昨年10月より始めたYouTubeチャンネルですが、ちゃんと続いています。

 

お陰様でチャンネル登録していただいた方は600人を超えました。

 

最新の動画は海外企業へ転職する上での基本中の基本というのとで労働許可の仕組みや、どのような人が取得しやすいのかなどをお話しています。

 

https://youtu.be/BIP1dxNg8TE

 

 

そもそもYouTubeを始めたきっかけは私が年に数回、日本で開催する海外企業転職セミナーの質を向上させる為です。

 

参加者様が予備知識を豊富に持っていればセミナーの内容も必然的に上がっていきます。YouTubeを通じて割と濃い内容を公開することで、セミナーという限られた時間はだいぶ効率が良くなります。

 

また、私が最も訴求をしたい自動車業界や電機業界のエンジニアは、私の偏見かも知れませんがあまりソーシャルメディアを活発に使用していません。

 

私のホンダ時代の元同僚も、たいていはFacebookのみ。たまにインスタをやっている人もちらほら。ツイッターをやっている人は皆無です。ホンダでこうなので、きっとトヨタも日産も同じものでしょう。ですが、以前元同僚らと久々に会った時に、YouTubeは割と見ていると聞きました。それでYouTubeを始めることにしたのです。

 

そして、昨年12月に開催したセミナーでは早速この効果が出て、自動車や電機業界のエンジニアの参加者が増えたことを実感できました。

 

というわけでYouTubeをやっている理由はこんな感じです。

 

YouTubeで金儲けをしようとは考えておらず、私のセミナーの質を向上させるのと、自動車業界や電機業界のエンジニアと繋がることを目的としています。

 

とはいえ、セミナーには興味が無い方や非エンジニアの方も楽しめる内容となっていますので、スウェーデンのことが少しでも気になる方は是非ぜひご覧ください。

 

スウェーデン移住チャンネル - YouTube

 

 

■ このブログを書いている人

吉澤智哉

2016年にストックホルムへ家族で移住し、現地企業 Öhlins Racing ABでエンジニアとして働く傍ら、スウェーデン企業への転職・移住サポート事業LIV INNOVATIONの代表を務める1981年生まれの38歳、二児の父親です。

自己紹介 - スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ

 

 

■スウェーデン視察・調査サポート及びスウェーデン移住についての問合せ

スウェーデン視察・調査サポート及びスウェーデン移住についての問合せ - スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ

 

 

あなたのスウェーデンへの移住を実現させます

LIV INNOVATION

 

スウェーデン人の労働生産性は本当に高いのか

もう3年以上前に書いた↓の記事ですが、現在はどう思っているのか自分自身をアップデートしてみます。

↓の記事を要約すると

・スウェーデンにはFIKAと言われる習慣があり、要はコーヒーブレイクをみんなで取る

・このFIKAがちょうどいいタイミングで来る

・人間が連続して集中できるのはせいぜい2時間程度なのでは

・人間は時々サボるし、それは否定できないし個人差もある

・日本では「一時もサボってはいけない!」のような現実を無視した雰囲気を感じていた

・互いの違いを認め、人間の基本特性を肯定した働き方がスウェーデン流なのでは

 

sverigeyoshi.hatenablog.com

 

まぁこんなようなことを書いていました。当時はまだスウェーデンで働いて8カ月だったので純粋にポジティブに捉えていたようですね。

 

さて、もうすぐ丸4年となる今、どう感じているか・・・

 

ん~。。。

 

まず、私がFIKAをする頻度は週に1~2回でしょうか。もう会議まみれで忙しくてFIKAなんてやってる場合ではございません。

 

私と同じプロジェクトのメンバーも同様です。

 

また、疲れた時はコーヒーではなく外に歩きに行っています。コーヒーよりもお散歩の方がストレス解消になるんですよ。

 

ではFIKAやお散歩はさておき、労働生産性は高いのか、についてですがこちらも少々疑問が出てきました。

 

確かに、労働時間と売上や利益などのアウトプットを割り算すると残業ばかりする働き方よりかは効率はいいのかもしれませんが、日々直面する課題を克服するやり方がどうも私は気に入りません。

 

日本人はきっちりと予定を立てて、課題に優先順位を付けて、バックアップも考えてから行動に移すことが普通だと思いますし、過去日系企業で勤めていた時はこれが当たり前でしたが、スウェーデンで働いてみて一番苦労しているのがこの点です。

 

何となくフワフワっと進んでいて、致命的にヤバいことが起きると急いで火消し作業をする感じです。このやり方だと、確かに無駄な仕事は増えない気がしますが、常に不安との闘いなんです。

 

でも不思議なのがスウェーデンの人たちって常に涼しい顔してるんですよねぇ~。私は一人できっちりと計画を立ててバックアップ案まで用意して・・・ってやってるんですが、何故かあまり共感を得られないと言いますか。

 

「すごいねぇ!しっかりしてるねぇ!誇らしい同僚だ!」

 

なんて言ってもらえるので、最初の方は嬉しく思っていましたが、最近は

 

「おうおう、それで?」

 

と思うように。

 

じゃああなたも私が立てた計画に乗っかってこいよ!と思うんですよ。

 

何と言うか、時々感じるのがこの国では民主主義が行き過ぎているんです。

 

私がビシっと計画を立てても(計画を立てて良い立場)なかなかその通りにいかないし、取引先含めすごーく緩いんですよ。

 

でもプロジェクトはなんとなーくズルズルと前進しているし、まぁこれはこれで良いのかなと。

 

スッキリしないし何だか気持ちが悪いんですけどね。

 

という訳で今回は愚痴と言いますか、まぁ4年弱も経過すると落ち着いてきて少しは周りが見えてくるものだなぁという話でした。

 

まぁそれでも日本で働いていた頃に比べたら100万倍楽しいし健全な職場ですけどね!!

 

はい!

 

 

■「スウェーデン移住チャンネル」始めました!チャンネル登録をお願いします!!

スウェーデン移住チャンネル - YouTube

 

 

■ このブログを書いている人

吉澤智哉

2016年にストックホルムへ家族で移住し、現地企業 Öhlins Racing ABでエンジニアとして働く傍ら、スウェーデン企業への転職・移住サポート事業LIV INNOVATIONの代表を務める1981年生まれの38歳、二児の父親です。

自己紹介 - スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ

 

 

■スウェーデン視察・調査サポート及びスウェーデン移住についての問合せ

スウェーデン視察・調査サポート及びスウェーデン移住についての問合せ - スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ

 

 

あなたのスウェーデンへの移住を実現させます

LIV INNOVATION

ヴィーガン始めました

タイトルの通り、先週あたりからヴィーガン生活を始めました。

 

え!ヴィーガン!意識たかっ!と思われる方、いると思います。が、全然そんなことないです。まあ全部読んでもらえればもしかしたらあなたもヴィーガンになっちゃうかもしれませんよ!笑笑

 

そもそも、ヴィーガンって?ん?という方の為に…

完全菜食主義と言われ、肉や魚はもちろん、乳製品も食べません。毛皮のコートなども着ません。

 

え、動物愛護ってこと?

 

と思われる方もいるでしょう。で、動物愛護が目的の人も沢山いると思います。

が、我々は地球環境の為です。もっと言うと地球温暖化防止の為です。

 

日本は夏が異常に暑くなり、台風が何度も直撃するようになりした。スウェーデンも冬がやたらと暖かくなってしまいました。

 

私は子供達の将来が心配です。

この地球で幸せに暮らしていけるのか…気候変動問題に解決の兆しが見えてこない限り、この不安は消えることないでしょう。

 

子供達の為に何かしたい。その答えがヴィーガンなのです。

 

ところで、ヴィーガンを始めたきっかけはNetflixでとある映画を妻と観たからです。

 

ここからはCowspiracyというドキュメンタリー映画の話が続きます。ネタバレ注意

 

スウェーデンではこの映画を観た多くの人が影響を受けてヴィーガンを始めた人も少なくありません。

 

ちなみに、Cowspirscyとは、

Cow = 牛 と Conspiracy(陰謀) を掛け合わせた造語です。

 

映画によれば現在、地球上に存在する野生動物は1%だそうです。そして家畜やペットが99%。しかしほんの数百年前まではこの比率が逆転していたそうで。確かにそんな気もします。

 

現代の世界中のスーパーには牛肉、豚肉、鶏肉が並び、いつ、どのスーパーに行っても誰でも買える価格で売られています。

 

これらはどこから来ているのでしょう?

 

地球の人口は増え続けていて肉の需要は増すばかり。家畜を飼育する為に更なる土地が必要となってきます。だから森林を焼いて牧場とするのです(うっかり山火事になることも)。人類の巨大な肉需要に応える為です。

 

雌牛は子供を産まないと乳が出ません。当然です。人間と同じです。母親は生まれてきた子牛とは2〜3日で離されます。それから乳が出なくなるまでひたすら搾乳されます。その後は雄牛と同様、時期が来たら出荷され肉となり家庭に届きます。

 

この牛さん達が世界中で毎日とんでもない量の糞をします。牛さんの牧場に水洗トイレはありますかね。その糞からはメタンガスが放出されます。メタンガスは二酸化炭素の294倍の温室効果があります。

 

世界中に牛さんは何頭いるんでしょうね。

毎日何頭の牛さんが殺されているんでしょうね。人間はそんな虐殺をしてまで食べないとダメですかね。

 

そして、映画の中でとある学者さんは言います。

「今日この瞬間に世界中の全ての化石燃料で動いている乗り物を止めたとしても地球の平均気温は上昇し続ける。牛がいるからだ。」

 

これら一連のストーリーを信じるかどうかは各個人次第ですが、肉の流通量からイメージできる家畜の数、それに家畜が排出する温室効果ガスをなんとなくでも想像すると決して現実離れした話ではない気がします。

 

つまり、感覚的ではありますが十分説得力のある話だと思いました。

 

というわけで、高い金を払って電気自動車やハイブリッドカーを買うよりも今すぐ環境に配慮することが可能です。

 

それは牛肉を食べないこと。牛乳やチーズも同様。というわけで我々は牛肉を食べるのを辞めることにしました。

 

しかし!

 

人それぞれ色々やり方があると思うのですが、ある日を境に突然

 

「もう肉は食わん!牛乳も飲まん!チーズも食わん!」

 

というのはちょっと極端ですし、精神的にも辛いので持続させるには非現実的だと思った次第です。

 

だってやっぱりお肉は美味しいし、コーヒーには必ず牛乳を入れないと飲めないし…

ですのでまずは牛肉のみ禁止とし、当面は鶏肉や卵は継続して食べることにしました。豚はハムぐらいしか食べないので代替品にします。

 

でも最終的なターゲットはホンモノのヴィーガンになることです。日々少しずつホンモノのヴィーガンに近付いていければ良いと考えております。

 

早速、一週間ほどヴィーガンを意識して生活してみたところ意外とイケます。

牛乳はコーヒーを飲むときに少し入れていますが、あとはチーズをヴィーガン用のものに変えましたし、ハムもヴィーガン用のものにしましたし、この一週間は90%ヴィーガンといった食生活となっています。ちょっと鶏肉を食べたので。

 

そして思ったほど辛くない。

 

さて、では具体的にどんなものを食べているかを写真で振り返ります。

 

f:id:sverigeyoshi:20200210005937j:image

とある日の朝食。これらの食べ物は全てヴィーガン用の食材。

チーズは動物性の脂肪ではなく植物性の脂肪から作られています。チーズに関しては申し分の無い味、食感です。もはや言われなければ気付かないレベル。

ハムは今ひとつかなぁ。私は許容範囲内ですが、妻は「マズイ!」とのこと。他にも色々な銘柄のがあるでしょうから一つ一つ試してみます。

牛乳のように見えるのも実は牛乳ではありません。オーツ麦でできた飲料で、まあ牛乳っぽい味がします。単体で飲めば美味しいのですが、コーヒーに入れるとダメです。んー。ブラックで飲めるようにならないとな…。

ところでオーツって何だろ?

 

f:id:sverigeyoshi:20200210010500j:image

パッケージがけっこうふざけていて、

「牛乳ではなく、大豆でもなくて…とにかく何かでできてんだよ!」

書いてあります。

 

パッケージの側面には何故牛乳ではないのか、について色々と書かれています。くだけた感じでかなりふざけていますが、内容は至極まっとう。習慣が染み付いた年寄りでなく、比較的柔軟な若者を取り込もうとしているんだと思います。興味がある方、ちょっと読んでみて下さい。

 

f:id:sverigeyoshi:20200210010752j:image

 

↓これを読むと脳みそがバカになるって書いてあります。が、内容がなかなか面白い。すみません、内容は割愛します!英語読める方はどうぞ。
f:id:sverigeyoshi:20200210010757j:image

 

↓THE BORING SIDE=つまらない側
f:id:sverigeyoshi:20200210010746j:image

 

ちなみに、この牛乳風オーツ麦飲料、そこらのスーパーで普通に売られています。それなりに需要があるってことですね。

 

↓こちらはとある日の夕食。私が作ったラザニアです。これも全てヴィーガン用の食材でできています。子供達は美味しい!と言いながらばくばくと食べてくれました。

実際めちゃくちゃうまかったです。よくできてますねぇ。
f:id:sverigeyoshi:20200210005946j:image

 

翌日、子供から「ラザニアはもう余ってないのか!?」と聞かれました。名誉なことです。超嬉しい。作った甲斐がある!

 

↓本日追加で買ってきたヴィーガン用食材。ひきタイプに加えてバーガー風のものも購入。冷凍です。近々和風おろしハンバーグのヴィーガン版を作ってみます。その他はハム、チーズを購入。左上のは豆腐。なんとヴィーガン用食材として売られてます!4〜500円もして超たけー。豆腐のくせに!

f:id:sverigeyoshi:20200210011023j:image

 

↓今夜のおかずは麻婆豆腐+茄子。私の得意料理。ニンニクと生姜を入れ忘れたものの、味は激ウマ!またまた子供から「美味しい!」をいただきました。いやー、このひき肉風ヴィーガン肉、すごくよくできてます。もはや普通のひき肉を買うことは生涯ありえないでしょう。全然大丈夫です。身体にも良いし。

f:id:sverigeyoshi:20200210081341j:image

 

 

というわけで、ここ一週間は会社でもサラダランチやベジタリアンメニューをよく食べていまして、肉を食べる機会が極端に減りました。

おかげで便通もよくなり、より健康的な生活ができていると思います。

 

これで牛肉とはお別れできそうです。豚はもともとそんなに食べていないですし、課題は鶏肉をどう減らしていくか…ですね。

 

そんな感じで既に80%ぐらいはヴィーガン生活となっていると思います。

 

 

まぁ、でも、牛さんや豚さん、鶏さんも殺すのってかわいそうですよね。植物由来のタンパク質がこれだけおいしいのにわざわざ殺す必要があるのかと。

 

人間ってだいぶおかしくなってませんかね!?家畜を飼って殺しまくってスーパーに並べて…そしてそれを"便利だ"と表現する。

 

これが人間?

 

みんなで一度立ち止まって考えるべきだと思います。環境的にも倫理的にも間違っていると思うのは私だけでしょうか。

 

ちなみに、先日Forbesにてこんな記事を書きました。是非ともご一読いただければと。

「ヴィーガン食」で地球を救う。スウェーデンの宅配ビジネスが拡大 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

 

YouTubeでもミートソース風スパゲティの模様を公開しております

YouTube

 

ではでは、最後まで読んでいただけた方、ありがとうございます!

 

 

■「スウェーデン移住チャンネル」始めました!チャンネル登録をお願いします!!

スウェーデン移住チャンネル - YouTube

 

 

■ このブログを書いている人

吉澤智哉

2016年にストックホルムへ家族で移住し、現地企業 Öhlins Racing ABでエンジニアとして働く傍ら、スウェーデン企業への転職・移住サポート事業LIV INNOVATIONの代表を務める1981年生まれの38歳、二児の父親です。

自己紹介 - スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ

 

 

■スウェーデン視察・調査サポート及びスウェーデン移住についての問合せ

スウェーデン視察・調査サポート及びスウェーデン移住についての問合せ - スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ

 

 

あなたのスウェーデンへの移住を実現させます

LIV INNOVATION