読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スウェーデンに移住した35歳妻子持ちエンジニアのブログ

娘の教育と妻のキャリアの為にスウェーデンへ移住。

スウェーデン生活で辛いことって?〜ハッピーになる要素を増やして辛いことは忘れよう〜

おはようございます。ストックホルムへ家族で移住し、現地企業で働く35歳、一児の父親です。 昨日からサマータイム。日中の時間が1時間長くなります。えーと、夕方が長くなります。 ↓19:15なのにこんなに明るい。一昨日まではこれが18:15だったんです。 ↓晴…

スウェーデンではこの時期に年間の休暇計画を立てる。今年の休暇は有休+育休で55日!

おはようございます。ストックホルムへ家族で移住し、現地企業で働く35歳、一児の父親です。 ↓今日は諸事情により娘を会社に連れて行ったのですが、マーカーで顔面に落書きをしていたので少々アレンジを加えてあげました。 さて、毎年3月下旬になると、会社…

ブログを毎日更新するようになって一ヶ月。毎日更新する理由があるんです。

おはようございます。ストックホルムへ家族で移住し、現地企業で働く35歳、一児の父親です。 標題の通り、ブログを毎日更新する理由は2つあります。 一つ目は日本社会の発展の為。 スウェーデンという国には、働き方や女性の社会進出、合理的な社会など、現…

スウェーデンと日本での「会社と従業員の関係の違い」続編 〜社蓄という言葉は今すぐ抹消すべき〜

先日書いた内容の続きです。 ムカついたら会社を辞めれば良い。 まずはそれが可能な社会を作るべき。 と締めくくりました。 では具体的にどういう社会を目指すべきなのでしょうか?? 私の結論は、何度も言うように 「会社と従業員の関係を見直すこと」 の他…

スウェーデン企業では理不尽な転勤は無い〜両国の"転勤"から観る従業員と会社の関係〜

おはようございます。ストックホルムへ家族で移住し、現地企業で働く35歳、一児の父親です。 本日はスウェーデンと日本での"転勤"の違いと、そこから見える従業員と会社の関係について書いてみました。 ◾︎スウェーデンと日本の"転勤"の違い スウェーデンで転…

スウェーデンで3歳の娘が風邪を引いたので有休?いや、こうなります。

おはようございます。ストックホルムへ家族で移住し、現地企業で働く35歳、一児の父親です。 本日月曜日は娘の体調がよろしくなく、就学前学校を休むことになりました。 本人はちょっと咳が出たり、37℃ちょっとありますが元気いっぱい… ↓片方二重になってま…

スウェーデンへ移住して一年。我々の選択は正しかったのか。

おはようございます。ストックホルムへ家族で移住し、現地企業で働く35歳、一児の父親です。 早いもので日本を離れてから本日で丸一年。 ↓去年の今日。 もう一年なのか、まだ一年なのか。 永住するつもりなので"まだ一年"と言った方が良いのでしょうね。 こ…

真冬の通勤風景 車編

週に1〜2回は私が娘の就学前学校の送り迎えをしています。 14時に迎えに行くので、その時間帯に会議が入っていない日を選んでいます。 まずは娘を起こすところから。 娘はいつも夜は19〜20時に寝て、朝は6時頃に起きます。 ↓起きてからしばらくボーっとして…

真冬の通勤風景 自転車編

今朝、起きたら雪が積もっていました。 イェーイ! ↓バルコニーからの眺め。 皆さんスウェーデンと聞くと雪国だと思うでしょう。 ↓こんなのを想像していませんか。 これは新潟の写真です。 スウェーデンは日本と同様、南北に長いので北に行けば当然降雪量も…

転職と転社

ストックホルムにも冬がやってきました。写真は我家のバルコニーからの眺めです。 さて、今回は「転職と転社」の違いについて書いてみます。 (転社という言葉は私が勝手に思い付いた言葉です) 私はこの、“転職”という言葉の定義に違和感を覚えています。 …

スウェーデン人の労働生産性は本当に高いのか

スウェーデン人の労働生産性が高いという記事を時々見かけますが、実際のところどうなのでしょうか。スウェーデン企業に8ヶ月勤めてみて感じたことを書いてみます。 “労働生産性が高い”と聞くと、黙々と集中して一気に仕事を片付けるイメージですが、実際は…

35歳妻子持ちエンジニアがスウェーデン移住に至った3つの理由

スウェーデンに移住し、半年が経過しました。こちらでの日々の生活において、日本での女性の社会進出、育児や長時間労働の是正に向けたヒントが沢山あると感じ、ブログにまとめていこうと思います。(写真は我家) まずは自己紹介を兼ねてスウェーデンへ移住…