スウェーデンに移住した36歳妻子持ちエンジニアのブログ

娘の教育と妻のキャリアの為にスウェーデンへ移住。

やっぱり日本人は真面目!スウェーデン語の語学学校の宿題はほとんどの人がやってこない。

おはようございます。
ストックホルムへ家族で移住し、現地企業で働く35歳、一児の父親です。

 

毎週火曜日と木曜日の17:30〜20:00でスウェーデン語の語学学校に通っています。

 

生徒は30人ぐらいですかね。

 

国籍は覚えている範囲で↓の通り。

イラン、イラク、ベトナム、モンゴル、インド、パキスタン、アフガニスタン、ペルー、ボリビア、ラトビア、リトアニア、ポーランド、ギリシャ、アルバニア、セルビア、ロシア、イタリア

 

その中の固定メンバーは10人ぐらいですかねぇ…

 

あとは来たり来なかったり…

 

来てもおしゃべりばかりの人もいて、勉強をしたいという雰囲気は伝わってきません。

 

という謎な人達が多数。

 

で、前回の授業で宿題が出たんですよ。

 

各自、先生に指定された国について調べてきなさいと。

 

紙に書いて来いとか特に形式は述べていなかったので、私は、社会人としての常識の範囲でやってくればいいんだなぁと捉えました。

 

 

で、私はオランダ🇳🇱だったんですね。

先生ナイス!興味ありますよ。

 

なもんで基本的なことを調べて簡単なプレゼン資料を授業が始まるまでに先生に送っておきました。

 

内容はこんな感じです。

 

 

↓表紙。スウェーデンをSverigeと書かず、Swedenと書いてしまう大失態…

f:id:sverigeyoshi:20170322042425j:image

スウェーデン語の語学学校なんだから英語は極力使いたくないんですけどね…早速やらかしました…

 

↓次のページ。オランダってどこ?

日本との大きさも比べてみました。

 

f:id:sverigeyoshi:20170322043135j:image

 

↓平均身長。オランダ人はでかいですよね…って話。日本人と10cmも違うよ!!

f:id:sverigeyoshi:20170322043252j:image

 

↓人口の話。日本人多いな!て話。中国は更にゼロ一つ多い!

f:id:sverigeyoshi:20170322043349j:image

 

↓オランダの有名人。他にいないのかよって話ですが…

 

f:id:sverigeyoshi:20170322043516j:image

ファンバステンには異議を唱える人が数名!

ヨハンクライフでしょ!!と。

確かに…クライフだよなー…

 

↓オランダの企業。へー!ユニリーバ!!リプトン!!私も知らなかった。

f:id:sverigeyoshi:20170322043653j:image

 

 

↓彼らはスケートが大好きなんですって。ちゃっかり私も好きですってアピールしておきました。

f:id:sverigeyoshi:20170322043732j:image

 

 

↓フライドポテトにマヨネーズなんですよ。ケチャップじゃないの!!??

f:id:sverigeyoshi:20170322043814j:image

 

 

↓大麻が合法なのは有名な話!でもカフェとか家でしか吸ってはいけないんですって。 

f:id:sverigeyoshi:20170322043926j:image

 

 

これをスウェーデン語で発表したんですよ。
(これぐらいなら簡単ですよ)

 

トップバッターで。

 

でも私の後に続く人は誰もいなくて、そもそもこの宿題をやってきた人が私の他に3名…

(ちなみにアルバニアの夫婦とパキスタンの人)

 

さすがにここで先生がブチギレ。

まぁそーなるわな。

 

先生「あんたら何をしに来てんだ?」

 

みんな「……」

 

先生「スウェーデン語を話せるようになりたいんじゃないのか?」

 

みんな「……」

 

先生「他に誰か発表する人いないの?」

 

みんな「……」

 

先生「もういいわよ、帰りたい人は帰って、やる気のある人同士で発表するなり今から調べるなりしてよ!」

 

なんとここで数人が帰る!!←日本人的感覚からすると"すげー!気まずくないのかよ!"

 

きっと彼らは木曜に涼しい顔してまた来るんですよ。

 

いやぁ〜、図太いというか何というか…

 

正直、こんな人達と勉強したくないなぁって思っちゃいますよねぇ。

 

静かにしてくれていればまだいいんですけど、常にペチャクチャうるさいんですよ…

 

 

んー、ホント日本人て真面目だよなぁ…

 

よく日本人は勤勉だと言われますが、本当にその通りだと思います。

 

これぐらいの宿題はやらないとマズイでしょー。

 

そこに理屈はいらないでしょー。

 

いやー、日本が誇れるとこですよ、この勤勉なところ。

 

 

っていう話です。

 

今日はこんなところで…

 

ではでは、また明日。