読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スウェーデンに移住した35歳妻子持ちエンジニアのブログ

娘の教育と妻のキャリアの為にスウェーデンへ移住。

スウェーデンで家を買ってみた〜床の張替え終了編〜

おはようございます。
ストックホルムへ家族で移住し、現地企業で働く35歳、一児の父親です。

 

↓公園越しに見る我家。

f:id:sverigeyoshi:20170403015758j:image

目の前が公園って楽でいいですね!

でも娘は一日に何度も行かせろとせがんできます。

 

さて、一昨日からやっている床の張替え。

 

↓だいたい常に辛い姿勢…

f:id:sverigeyoshi:20170403020310j:image

 

やっと終わりましたよ(^^)

 

今日の午前中で終わるかなと思っていたら一箇所だけ何故かどうやってもうまくいかないところがあって結局夜までかかりました。

 

どうやら床の微妙な起伏の影響だったようです。下に発泡スチロール製のマットを敷いて無理やりつなげました。

 

 

もうね、足腰、手、腕、全部痛い…

 

 

さてさて、出来栄えの確認です。

 

 

↓綺麗(^^) ん〜素敵!

f:id:sverigeyoshi:20170403020223j:image

いや、我ながらホント素人がやったとは思えん…

 

↓Beforeがコレ。だいぶ雰囲気が違うと思いません?

f:id:sverigeyoshi:20170403052342j:image

 

 ↓もう一枚別角度。

f:id:sverigeyoshi:20170403052324j:image

 

 

↓ところで、液体をこぼすとどうなるのかな…

f:id:sverigeyoshi:20170403020425j:image

 

↓最後の仕上げは女子達にお任せ。 

f:id:sverigeyoshi:20170403051524j:image

 

↓面倒だったキッチン下もバッチリ!

f:id:sverigeyoshi:20170403051552j:image

 

↓反対側から。 

f:id:sverigeyoshi:20170403051623j:image

 

いやいや、しかし達成感が半端じゃないです!

 

すんげー疲れたし筋肉痛も半端ではないけど、やったよかった(^^)

 

楽しかった(^^)

 

会社のみんなが、

 

「ガレージを自分で建てた」

 

だの、

 

「床暖の配管を自分でやった」

 

とかとか言っているので、自分もスウェーデンっぽいことをやってみたかったんです。

 

彼らからすればたかだか"床の張替え"ですが、日本人の私からしたらとんでもなくハードルが高いお話ですからね。

 

でも、これで「やればできる!」ということが分かりました。

 

いつか自分でガレージを作ったり暖炉を作ったりしたいと夢見ることとします。

 

さて!!!

 

明日はいよいよ引越し!

 

とは言っても沢山の段ボールとちょっとした家具を運ぶだけで、まだ一週間ほどは現在の家にいます。

 

だって新居にはベッドがまだないんですよ…

 

IKEAで火曜か水曜あたり買いに行こうかと。

 

土日は混んでますからね…

 

あー疲れた。

 

寝よう寝よう。

 

おやすもう(←ASKAの真似)

 

ではでは、また明日〜!