スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ

娘の教育と妻のキャリアの為にスウェーデンへ移住。

スウェーデンに移住して何度も「日本人で良かった」と思う理由

おはようございます。
ストックホルムへ家族で移住し、現地企業で働く35歳、一児の父親です。

 

↓旧我家。早くも懐かしい…

f:id:sverigeyoshi:20170425051617j:image 

 

スウェーデンに移住してから一年ちょっと経ちましたが、今まで「日本人で良かったなぁ」と数え切れないほど思える機会がありました。

 

お店やご近所さんとのちょっとした会話で、どこから来たのか尋ねられることはよくあります。そこで、日本から来たことを伝えると、とんでもなく驚いてくれる人もけっこういます。そこから話が弾む場合も多々あります。

 

車はトヨタで、テレビがPanasonicで、オーディオがSONYで、電動工具がMakitaで…なんてニコニコしながら話してくれます。

 

また、日本人に対しては、勤勉、真面目、頭が良いのようなイメージを持っているようです。

今日に至るまで、品質の良い工業製品を多数輩出してきたからだと思います。

 

ノーベル賞も毎年誰かしら日本人が受賞している気がしますし、G7にも名を連ねていますし、世界から見た日本の存在感は一際輝いていると思います。

 

スウェーデンに移住してから、祖国日本へ感謝する機会が増えました。

先人が長年かけて積み重ねてできた日本ブランドを肌で感じています。

日本にいた時にこんな風に思ったことは無かったと思います。

 

ありがたい話ですよ、本当に。

たいていの場合、出身地を答えるだけで場が和みます。こんな国、なかなかないんじゃないですかね。

 

VISA(正しくは就労許可。そもそもVISAを要求されない)の申請をする時も通常の国はお金がかかるのですが、長い説明文の最後の最後に、

 

「但し、日本国籍保持者は無料」

 

と書いてあり喜んだ記憶もあります。

 

また、スウェーデンで外国人が自動車の運転免許を取得する際、EU域外ではスイスと日本のみが書類のみでOKです。

 

生命保険や傷害保険には、スウェーデンでの居住期間が1年以上経っていないと入れないにも関わらず、契約ができました。

 

理由を聞いたら「日本人だから」と言われたのを覚えています。

(※スウェーデン人は普通こんなことは言わない)

 

何より驚いたのは、居住期間が一年未満の段階で住宅ローンが組めたことです。

 

これも、銀行から「日本人であることは融資可能となった理由の一つ」と言われました。

(もちろん職種や収入も大きく関係してきます)

 

このように、スウェーデンでの日本人は明らかに特別扱いされています。

こういう書き方をすると、人種差別反対の人達から色々と言われそうですが、私が経験した事実を書いているだけであって、私自身全くもって人種差別は反対でございます。

 

◾︎

 

日本人はもっともっと海外へ出るべきだと思います。

海外旅行でも良いし、移住でも良いと思います。

 

こうして、海外で日本がどのように映っているかを客観的に眺めることは非常に重要なことだと思います。

我が国の良いところが見えてきますし、逆に外国の考え方や常識を知ることで我が国の改善点も見えてくるものです。何より自分の国を褒めてもらえることはとても嬉しいことです。

あまり日本では味わえない感覚だと思います。

 

 

但し、世界中どこの国でも日本に対して良いイメージを持っているとは限りません。歴史的にしがらみのない国でないと難しいと思います。

少なくともスウェーデンの人達は日本に対して好意的です。

中東の人達も良いイメージを持ってくれているようです。なんでだろ??中東に行ってみたくなりました。

 

---

 

2018年11月3日追記

この度、スウェーデン企業への転職・移住コンサルタント事業 LIV INNOVATION

を起業しました。(エンジニアとしての本業は今まで通り続けます)

f:id:sverigeyoshi:20181103210139p:plain

 

ちなみに、スウェーデンに特化した海外移住コンサルタントは他に存在しません(私調べ)

 

また、サラリーマンが家族と共にスウェーデン及び欧州へ移住する例はほとんど見かけません。

 

私自身、スウェーデンでエンジニアとして働いており、特に日本・スウェーデン両国の自動車産業を客観的に語れるのは世界中で私一人だと自負しております。

 

これまでの私の経験を日本の皆様と共有し、「LIV=人生にINNOVATION=革新」を起こす手助けをさせていただければと思っています。

 

エンジニアに特化した事業ではございますが、エンジニア以外の職業の方もお気軽にLIV INNOVATIONのサービスご利用下さい。参考になる点は多々ございます。

 

詳細はホームページをご覧いただき、お気軽にお問合せを下さい。

(お問合せに対する回答には一切料金を頂きませんのでご安心下さい)

 

ホームページ

LIV INNOVATION

 

--- 

 

本日はこんなところで。

 

ではでは、また明日。