スウェーデンに移住した36歳妻子持ちエンジニアのブログ

娘の教育と妻のキャリアの為にスウェーデンへ移住。

履歴書に空白があっても良い国、スウェーデン

ストックホルムへ家族で移住し、現地企業 Öhlins Racing ABで自動車用サスペンションを開発するエンジニア、36歳、二児の父親です。

 

本日よりサマータイムです。日本との時差は7時間。(昨日までの時差は8時間)

 

サマータイムとなり、日没もやたらと遅くなりました。

 

f:id:sverigeyoshi:20180326033248j:image

夕食後のデザートはリビングにて。本日は外が明るいのでろうそくだけで電気は不要。次女は別室にて快眠中。

 

f:id:sverigeyoshi:20180326033428j:image

お気に入りのリビング。一応妻には相談するが主に私がコーディネート。

 

f:id:sverigeyoshi:20180326051912j:image

別角度。特にソファがお気に入り。

 

f:id:sverigeyoshi:20180326033446j:image

19:40で西の空はこんなに明るい。これからどんどんと日没は遅くなり、夏至には白夜となる。

 

f:id:sverigeyoshi:20180326042408j:image

昨日ABBA博物館で買ったレコードを聴いてみる

 

そうです、私、昔は夜な夜なDJをやっていました。妻と出会ったのもそういった場です。

 

まぁチャラチャラしていましたねぇ。特に高校、大学生の頃はヒドかったかなと。

(いつの日かその黒歴史を公開しようかと…)

 

今ではその面影は全くないので当時を知る人達にはよく驚かれます。

 

f:id:sverigeyoshi:20180326050113j:image

現在の私。会社でFIKA(コーヒーブレイク)をしている時。

 

f:id:sverigeyoshi:20180326050258j:image

子供達と。

 

 

◾︎

さてさて、本題です。

 

私は本業はスウェーデンの会社で働いていますが、副業でライターとして活動もしております。

 

本日、第2弾の記事が公開となりました。

 

「履歴書に空白があっても良い国、スウェーデン」

 

https://forbesjapan.com/articles/detail/20352/1/1/1

 

ところで、私が何故ライターをやるのか。これは、

 

「日本社会発展の為」

 

この一言に尽きます。

 

原稿料は頂いておりますが、決して金儲けの為ではございません。

 

私は日本に納税できる立場ではないですし、物理的にも政治家になることは不可能です。

(在外選挙制度で国政への投票は可)

 

ですが、今までお世話になった祖国"日本"へのせめてもの恩返しということで、スウェーデン社会の実情をお伝えし、これが今後の日本社会発展のヒントとなれれば幸いです。

 

例えば、昨今日本が抱える課題、女性の社会進出やワークライフバランスなどは、スウェーデンは世界トップクラスの水準です。

 

短期的な取材や聞き取りとはまた異なり、当事者として体当たりで得られた経験を、二児の父として、また、"サラリーマン"としての視点でお伝えできればと思い、各種ソーシャルメディアを通じて発信をしております。

 

Facebook (不定期更新)

Tomoya Yoshizawa

※フォロー可(友達申請の場合は一言下さい)

 

Instagram (ほぼ毎日更新)

yoshi_san_9999

 

本ブログ (不定期更新)

 

そもそも永住目的の在スウェーデン邦人で、成人男性は超が付くほど珍しく、大使館の方も驚いていたほどです。(永住邦人の大半はスウェーデン人男性と結婚された女性)

私が発信する内容においては、スウェーデン・日本の両国でサラリーマンを経験し、かつ配偶者も日本人で全てが手探りという点に希少性の高さがあります。

(移住当初の行政手続きはかなりシンドかった…)

 

 

また、より多くの方にお伝えすべく、Forbes JapanやLife Hacker等、各種メディアとライター契約を結びました。

 

以下、私のこれまでの著作物です。昨年4月から始めて約一年、実に9本の記事を公開してきました。

 

いずれも、スマートニュースやYahoo!ニュースでも大きく取り上げていただきました。

 

 

<Forbes>

私が家族でのスウェーデン移住を決めた理由

https://forbesjapan.com/articles/detail/19740

 

履歴書に空白があっても良い国、スウェーデン
https://forbesjapan.com/articles/detail/20352/1/1/1

 

<Life Hacker>

家族の幸せのためにスウェーデンに移住したエンジニアが実践した「海外企業へ転職するための具体的なステップ」
https://www.lifehacker.jp/2017/04/170425_sweden_yoshizawa.html

 

スウェーデンには、子どもが「グローバルに生き抜く方法」を学べる環境ができあがっている
https://www.lifehacker.jp/2017/07/170718_sweden_yoshizawa.html

 

移住先のスウェーデンでローンを組んで家を買う方法
https://www.lifehacker.jp/2017/05/170516_sweden_yoshizawa_house.html

 

ヨーロッパのビジネスランチ事情に日本人が学ぶべきこと
https://www.lifehacker.jp/2017/10/171013_lunch-learn-europe-business-lunch.html

 

スウェーデンの会社員が6週間の夏休みを取っても企業が倒産しない理由
https://www.lifehacker.jp/2017/08/170818-17-0818-why-swedish-company-does-not-go-into-bankruptcy-worker-take-6-weeks-holiday.html

 

数ヵ月も育児休暇を取るのが一般的なスウェーデン人男性は、実際どう取得してどのように過ごしているのか
https://www.lifehacker.jp/2017/12/171203_how-sweden-men-spend-paternity-leave.html

 

 

<Roomie>

DIYとゆたかな自然を楽しむ移住一家(スウェーデン・ストックホルム)|みんなの部屋
https://www.roomie.jp/2017/07/390558/

 

 

<BuzzFeed>

こちらは私の著作ではありませんが、取材を受け記事にしていただきました。

(2018年1月4日Yahoo!ニュース総合アクセストップになった記事)

 

仕事と育児の両立に消耗したらーー ある夫婦の決断は、移住だった

https://www.buzzfeed.com/jp/akikokobayashi/sweden-kosodate?utm_term=.kkRae8LWN#.ktdgZvGPa

 

 

<講演会>

日本へ帰国した際に講演会もやっています。

f:id:sverigeyoshi:20180326052423j:image

必要なのは、言葉? キャリア? 文化? スウェーデンに家族で移住したエンジニアに聞く、ビジネスパーソンが海外へ転職する方法とは

https://www.lifehacker.jp/2018/01/lifestage-hackers-vol01-sweden-event-report.html

 

f:id:sverigeyoshi:20180326052526j:image

昨年はスウェーデン大使館での講演も行った。

 

◾︎

海外移住に関するご質問、ご相談は随時受け付けております。


こちらのブログのコメント欄でも構いませんが、上記ソーシャルメディアを通じて非公開のメッセージでもOKです。

いただいたメッセージには一つ一つ回答をさせて頂いておりますのでお気軽にお問い合わせください。

(但し、旅行代理店に聞けば済むレベルの話や、ググれば分かる程度のご質問等はご勘弁いただきたく)

 

◾︎

今後もライターや講演会を継続してまいりますので、是非ともよろしくお願いします。

 

ではでは。