スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ

娘の教育と妻のキャリアの為にスウェーデンへ移住。

マダニに噛まれました

マダニ(Fästing)に噛まれました。

 

f:id:sverigeyoshi:20200910052909j:image

コイツが私の血を吸い過ぎて動けないぐらいになっていたマダニ。

 

スウェーデンでは定番のマダニさん。森や草むら、芝生など割とそこら中にいる。

 

マダニに噛まれると以下の3パターンに分類できる。

1. 何もならない

 

2. ライム病ボレリア

ライム病とは

 

3. TBEダニ媒介性脳炎

https://travel-vaccination.jp/02vaccination/tbe.html

 

詳しくは各リンクを参照。3はワクチンがあり、ちょうど三度目の摂取をつい数週間前に終えたばかりなので心配しなくていい。

 

問題は2のボレリアだ。これにかかると厄介なのである。リンク先の症状に関節痛とあるが、マダニ発見から15時間ほど経過したが奇妙な腰痛に襲われている。こんなに痛いのは初めてだ。

 

以下、経緯の記録。万が一重症化した時の為に。医者に見せるかもしれないのでここから英語。

 

4th September 10:00-12:00

Kantarell mushroom picking in the forest.

 

6th September 10:00-12:00

Kantarell mushroom picking in the forest.

 

8th September 23:00
I found something dark spot on inside of my right thigh. I thought it was just a dust or maybe a little hardened blood due to mosquito bite. I tried to remove the dark spot and I thought it went well. Then I slept.

 

9th September 07:43

Sitting down and working with computer, second daughter found something on my leg.

Then I found this guy on my leg. Exactly

same spot where I found the dark spot last night. I immediately thought that it must be a tick.

 

f:id:sverigeyoshi:20200910054136j:image

Inside of my right thigh.

 

f:id:sverigeyoshi:20200910054208j:image

I have removed with the tweezers but it actually fell off when I accidentally touch the tick by the tweezers. I didn't even grab it, the tick had too much blood then it was almost not possible to move. Well then I smashed the fat tick and of course I saw my blood came out.

 

Same day 13:00
Started feeling pain in my back, the other side of navel, 5cm downwards. But I have had this type of pain since I started working from home in this April. So I didn't take it seriously at this moment.

 

Same day 20:00

The pain gets worse. The pain does not follow a certain movement, it just continues when I sit, lie, stand up. It is impossible to find a way to get rid of this pain.

 

Same day 21:00

Took one tablet of ipren.

 

Same day 21:30

I thought the pain became little better, so I started work a bit with the computer sitting on the office chair.

 

Same day 22:00

The pain became again same level as before taking ipren.

 

same day 22:30

f:id:sverigeyoshi:20200910055758j:image
Still no circle or unusual red spots around the bitten place, good. But hard pain on my back, I've never have had this level of strange pain on my back.

 

Same day 23:00

went to bed.

 

Same day 23:10

Somehow lie facing up makes me feel better, almost no pain.

 

Same day 23:20

The pain has gone. Don't feel any pain with lie

down on the side. Hmm...

 

10th spetember 06:30

Woke up normally, no difference from last night.

f:id:sverigeyoshi:20200910221555j:image

 

Same day 15:00

Pain in back is much better than yesterday but still exists.

 

11th September 07:00

Woke up, nothing difference.

 

Same day 12:00

Had little headache. Took one tablet of paracetamol.

 

Same day 14:30

Headache became worse, took one tablet of ipren. terrible feeling like I almost threw up. Maybe it was just an overdose, I completly forgot that I already took one paracetamol.

 

Same day 15:50-20:00

Took a long nap, then feel better but still not perfect.

 

15th September 19:10

Looks ok.

f:id:sverigeyoshi:20200916021351j:image

 

 

スウェーデンでタイヤ交換 AUDI A6 Avant編

スウェーデンでタイヤを買うのはこれで3回目。毎回後になって価格が思い出せないので今回は備忘録として残しておきます。

 

まずは車から。AUDI A6 Aant 2016年式2.0TDI。超超超気に入ってます。以前乗っていたVolvo V60と同じ2Lディーゼルだけど静粛性はもう別次元。ディーゼル車と言われても信じられないほど静か。さすがAUDIのA6ともなると作りが本格的。

f:id:sverigeyoshi:20200902005515j:plain

 

 

顔面。好きですよ、この表情。先日着けた天井の箱もポイントでございます。あー、素敵。

f:id:sverigeyoshi:20200902005529j:plain

 

さてさて、夏タイヤはこの通り寿命寸前。いや、もう寿命過ぎてる。指を差しているところなんてもう溝が無い。ちょっと粘り過ぎたか。何とか今シーズン終了までもたせたかったのだが、冬タイヤへ交換できるのが11月頭で、あと2カ月粘れる気がしなかった。月に2000km弱走るし。

f:id:sverigeyoshi:20200902005545j:plain

 

という訳でこちらのタイヤを購入。(ホイールは含まず)

f:id:sverigeyoshi:20200902001830p:plain

YOKOHAMAのADVAN FLEVAを購入。18インチはやっぱり高いな。

Däck onlineというスウェーデンのタイヤ通販のサイトより購入。大元はドイツの会社のようで、倉庫がHannoverにあるみたい。同僚のみんなもこの通販サイトを利用していて、おそらくスウェーデン国内で最もタイヤを安く買う方法。

 

タイヤ代は6956kr=83472円(1kr=12円の場合)

 

※4本の値段、送料込み

 

ネットで発注、決済を済ませてから一週間ほどで指定した車屋さんに届く。車屋というか修理したりタイヤを付け替えたりしてくれるところ。

 

これまで色々な車の修理屋に世話になってきたが、まぁはっきり言ってどこもかしこもちゃんとやらない。酷いところだとやったフリのところもある。

今回はタイヤだし安全性に直結するので信頼できるところにお願いをすることに。私が勤めている会社OHLINS指定の業者だし、ここの腕は悪くない。

何より隠れて作業をすることが無い(当たり前w)。

 

↓Euromasterという業者。どうやらドイツ系の会社らしい。

www.euromaster.se

 

しかーし!!タイヤ交換+バランス取りの工賃がなんと2800kr=33600円!!高い!

以前タイヤ交換をしたところでは1000kr=12000円ちょっとだったと記憶。だがしかしここはバランスが全然取れていなくて結局他のところへ行き追加でいくらか払い散々な思いをしたのであまり安過ぎるところも怖いのだ。

かと言って2800krはやり過ぎだろ・・・。別のところに確認をするとこちらでは1500kr=18000円とのこと。ほぼ半額。でもここは腕が良いのか悪いのか・・・。

同僚に聞いたら「1500krのところでまぁいいんじゃないの、俺はいつもそこでやってるぜ」とのこと。だが近所の友人は「俺はそこで嫌な思いをした」と言う人も。

 

むむむ。

 

よし、高いけど信頼のおけるEuromasterで今回はやってみよう。ココでも万が一納得のいかない出来なら次回は1500krのところにしよう。それか正規AUDIディーラーでやってもらおうか・・・きっととんでもない値段なんだろうな。

 

という訳で今回、タイヤ代は以下の通り。

 

6956kr(タイヤ代)+ 2800kr(工賃)=9756kr(117072円)

 

68dBでこのクラスのタイヤでは群を抜いて静かってことになっているけどどうかな。来週末は友人宅まで遠出をするのでそこで色々と分かることでしょう。

 

 

<9月2日追記>

f:id:sverigeyoshi:20200902204130j:image

タイヤ交換終了!13時に予約を取っておいたが少し早めの12:50頃行ったら快く対応してくれた。20分程で作業は終了。

 

そういえばÖHLINSの従業員だと割引があったはず!ダメ元で聞いたみたら安くなってラッキー。

 

それでも工賃は2324kr=27888円。

全部で値段は…

 

6956kr(タイヤ代)+ 2324kr(工賃)=9280kr(111360円)

 

はぁ。車の維持費って高いな。

 

 

f:id:sverigeyoshi:20200902204144j:image

見た目はこんな感じ。ヨコハマ!

 

家までの帰り道をちょっとだけ遠回りしてフィーリングを確認。

 

当然グリップは抜群に良くなったし音も静か。とてもエンジニアとは思えない幼稚な表現ではあるがw

高速道路で100km/h超えでもグリップ、音共に問題無し。ハンドリングは低速、高速両方とも軽くなった。

 

高速道路を降りてから一般道を60〜80km/hで走行中に微振動を感じるような感じないような…バランスが完璧に取れていないのかも。

 

いや、考え過ぎかもしれない。どんな車だって微振動がゼロになることはあり得ない。道路の凹凸にもよるし…。

 

というわけで考え過ぎ&過剰に敏感になってしまい評価は続行不可能に。後ほどカミさんを乗せて何か違和感が無いか聞いてみることにする。

 

何か自分で評価しようとするといつもこうなる。テストドライバーとかライダーって普段のニュートラルなフィーリングを忘れずにテストしていく必要があって、これはこれで大変。

 

サーキットを可能な限り早く走り続けるのがレーサーの仕事だけど、サラリーマンテストドライバーやライダーは一定のリズム、ラップタイムで周回し続けるスキルが必要。

 

まあとにかくタイヤを新調できてハッピー。

 

そうそう、旧タイヤの時はハンドルを放すと車が右に逸れる傾向があり、アライメントがおかしいかな?と思っていたがタイヤを新調したら直った。旧タイヤの偏摩耗していた一本がよほどおかしかったということなのか…。

 

とにかくこれで心置きなくドライブへ行けます。

 

<9月3日追記>

妻も微振動を感じると言うので朝一にEuromasterへ。

「お宅でタイヤ変えてもらったらバランス取れてないんだけど…」

と言っても「へぇー」と言った他人事のような言い草。しかも今日は忙しいから明日10時に来いと。

はいはい、分かりましたよ。ホント、スウェーデンのこういうところは嫌いだ。プライド持って仕事できないのかよ。

去り際に

「もちろん無料だよね?」

と聞いたら「え?」と言う。

 

ムカついたので早口の英語にして

「いやいや、昨日ココでタイヤ変えたんだぜ?あんたらの腕の問題が可能性として高いんじゃないの?タイヤが不良品って可能性もあるけどさ。であればそれを見つけんのがお宅らの仕事やないんかい!」

 

と言ったら無料に。

 

当然だ馬鹿野郎。

 

 

<9月4日追記>

10時ピッタリに登場。店員の「またお前か」のような目つきは気にせず、実際にタイヤを組んだ本人がいて、また彼がバランスを取り直すようなので一連の流れを説明。彼は無言で立ち去り黙々と作業開始。

遠目から作業風景を見ていたが、ちゃんとホイールを4本とも外してバランスを取り直していた。当然なのだがココすら疑わないといけないのってホント疲れる。

日本のサービス業界の質が高過ぎるとも言えるがホントこういうのは毎回考えさせられる。街で最も高額なところでさえこれだ。不思議。

 

15分ほどで作業は終了。無料なので支払いは無し。

 

乗ってみた感想。

 

んー、まあ振動は取れたかなぁ。もっと色々な路面走らないと分からないし、来週の遠出の時に気になるようなら別のところでバランス取ってもらおう。

 

 

結論!

いくら高額を払ってもその対価はあまり変わらず。何故高額を設定しているのか、甚だ理解ができない。

次回は1500krのところにしよう。それか同僚にいくらか払ってやってもらおう。

 

 

 

 

■「スウェーデン移住チャンネル」始めました!チャンネル登録をお願いします!!

スウェーデン移住チャンネル - YouTube

 

 

■ このブログを書いている人

吉澤智哉

2016年にストックホルムへ家族で移住し、現地企業 Öhlins Racing ABでエンジニアとして働く傍ら、スウェーデン企業への転職・移住サポート事業LIV INNOVATIONの代表を務める1981年生まれの38歳、二児の父親です。

自己紹介 - スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ

 

 

■スウェーデン視察・調査サポート及びスウェーデン移住についての問合せ

スウェーデン視察・調査サポート及びスウェーデン移住についての問合せ - スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ

 

 

あなたのスウェーデンへの移住を実現させます

LIV INNOVATION

魔女の宅急便の舞台Visby, Gotlandへの旅日記

6週間の夏休み後半はスウェーデンの南の島Gotlandで一週間のキャンプをすることに。

 

Gotlandの中心街Visbyは魔女の宅急便のモデルとなった街です。こちらの様子もご覧ください。

 

では、時系列で旅を振り返ります。

 

f:id:sverigeyoshi:20200718051928j:image

ストックホルム県南端のNynäshamn港を11:30に出発。自宅から港までは高速道路で一時間ほど。

 


f:id:sverigeyoshi:20200718051913j:image

約3.5時間後にGotlandのVisbyへ到着。ここが魔女の宅急便の舞台になったところ。

 


f:id:sverigeyoshi:20200718051917j:image

まずはテント設営。子供達がいると大変なので妻は子供達を連れて海水浴。私は一人で1時間ほどかけてアレコレ全て設営。

 

 

 

 


f:id:sverigeyoshi:20200718051922j:image

海水浴へ合流。人人人。コロナ気にしてる人はいないですね。

 


f:id:sverigeyoshi:20200718051910j:image

しかし素晴らしい砂浜。

 


f:id:sverigeyoshi:20200718051906j:image

子供達は水遊びが大好き。超遠浅なので安心。

 

 

f:id:sverigeyoshi:20200719003458j:image

そういえば、夜、ガサゴソ音がするなと思ったら野生のハリネズミでした。かわいい。

 


f:id:sverigeyoshi:20200719003529j:image

基本はテントとビーチの往復だがたまには中心街Visbyへ。

 


f:id:sverigeyoshi:20200719003515j:image

魔女の宅急便の舞台となった街。

 


f:id:sverigeyoshi:20200719003503j:image

どこも素敵。

 


f:id:sverigeyoshi:20200719003522j:image

私。

 


f:id:sverigeyoshi:20200719003526j:image

かなり歴史のある街です。

 


f:id:sverigeyoshi:20200721175501j:image

どうですか、魔女宅感出てますかね。私は写り込む必要無い…?

 

f:id:sverigeyoshi:20200721180143j:image

こちらもどうでしょう。

 

 

f:id:sverigeyoshi:20200721180226j:image

この家素敵だなー。

 


f:id:sverigeyoshi:20200719003533j:image

こんな眺めも。

 


f:id:sverigeyoshi:20200719003508j:image

さあ、そして、ココがキキが住み込みで働いていたグーチョキパン店のモデルとなったお店です!!

店員さんに聞いたら「聞いたことなかった!」と言ってました。日本人の観光客が特に多いというわけでもなく。

 

f:id:sverigeyoshi:20200723141109j:image

またキャンプの様子に戻ります。我家のテント。

 


f:id:sverigeyoshi:20200723141123j:image

一つはキッチンとダイニング。外が寒かったり雨が降ったらこの中で食べます。なのでテーブルは出したり入れたり。

 


f:id:sverigeyoshi:20200723141114j:image

試行錯誤の末、このレイアウトで落ち着きました。次回はキッチンを反対側に移します。午後の日差しを浴びる側に設置すると料理する時に暑いので。

 


f:id:sverigeyoshi:20200723141105j:image

もう一つのテントはリビングと寝室x2。散らかっていますがここは広く使えるので、カルタをやったりみんなでゴロゴロしたり。当初はここにキッチンを置いていましたが狭いし料理時は危ないので二個目のテントを購入。

 


f:id:sverigeyoshi:20200723141117j:image

寝室はこんな感じ。ベッドの下にあれこれ収納できます。寝心地抜群。寝袋イマイチ。もっと暖かいヤツを購入せねば。夜中は10℃ちょっとまで下がる。Tシャツ + スポンジボブのトレーナー + インナーダウン + 寝袋(迷彩柄)でも明け方寒い!

でもこれは今回木に囲まれていて朝日が直接テントに当たらないから。日光を遮るものが無い場合は逆に明け方クソ暑くなる。なのでテント設置場所や天候次第で明け方の暑さ、寒さは大きく変わってくる。

 


f:id:sverigeyoshi:20200723141128j:image

テントから歩いて10分ぐらいのところにあったビーチ沿いカフェ。散歩してたら偶然出くわしたので家族みんなで立ち寄ることに。ビールを妻と一杯ずつ頼んだのに二杯ずつ来ちゃった。仕方ないから飲んだ。でも請求は一杯ずつ。スウェーデン、こういうの多過ぎる。テキトーだよなぁ。所詮アルバイトの仕事の質はこんなもんってこと。日本では時給1000円でも五つ星ホテル並みの接客が当たり前だが、世界的に見るとコスパが良過ぎる。

 


f:id:sverigeyoshi:20200723141133j:image

カフェの近くにブランコがあったので。ビール2杯後にゲップをしながら次女を押す。長女はもう押す必要がない。次女を押せるのもあと何回だろう…

 


f:id:sverigeyoshi:20200723141101j:image

7泊8日、最後の夜のバーベキューはこんな感じ。スペアリブとクッパ。クッパのレシピはめちゃくちゃ。朝食べた辛ラーメンの残り汁 + リゾットの残り + ミートソースの残り これらを混ぜたら辛さがだいぶ緩和されてめちゃくちゃ美味しかった!!お勧めです。

イチゴは地元Gotland産。

 

というわけで森の中でキャンプをしながらのんびり過ごせました。

 

あー、夏休みもうすぐ終わっちゃうなぁ。6月19日から45連休ですがけっこうあっという間に過ぎます。毎日子供達と一緒に過ごし、彼らの成長を見届けられるのは素晴らしいですね。最近は3歳次女がコメディアンのように面白く、我家に爆笑を与えてくれています。

 

さてさて、これからお片付けをして撤収!

 

夏休み、まだあと10日あります。何をしようかな。

 

■「スウェーデン移住チャンネル」始めました!チャンネル登録をお願いします!!

スウェーデン移住チャンネル - YouTube

 

 

■ このブログを書いている人

吉澤智哉

2016年にストックホルムへ家族で移住し、現地企業 Öhlins Racing ABでエンジニアとして働く傍ら、スウェーデン企業への転職・移住サポート事業LIV INNOVATIONの代表を務める1981年生まれの38歳、二児の父親です。

自己紹介 - スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ

 

 

■スウェーデン視察・調査サポート及びスウェーデン移住についての問合せ

スウェーデン視察・調査サポート及びスウェーデン移住についての問合せ - スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ

 

 

あなたのスウェーデンへの移住を実現させます

LIV INNOVATION

Takbox + takräcke(ルーフキャリア)購入 AUDI A6 Avant用

キャンプ道具を一式揃えたものの、車に積載不可能な量となってきた為に以前から検討していた屋根上の箱をついに購入。

 

f:id:sverigeyoshi:20200706015546j:image

おぉぉぉ!か、かっこええ!!雨だけど…

 

 

ネットサーフィンするものの、訳が分からなくなりMekonomen(日本で言うところのオートバックス的なヤツ)へ直接出向き、店員さんに根掘り葉掘り質問して購入に至った。

 

どーでもいいけど今日の店員さんとの会話は100%スウェーデン語でイケたな。だいぶ成長したもんだ。いつもは途中でどうしても英語に切り替えちゃうんだけど今日は大丈夫だった。

ちょっと嬉しいぞ。

 

しかし、ネットで検索していたら、箱にしてもレールにしても値段の幅があり過ぎる。

 

Takbox(箱)

f:id:sverigeyoshi:20200706015638j:image

箱は安いもので2000kr(Biltema製)〜20,000kr=2.5万円〜25万円の幅。

どうやら以下のパラメータで値段が上下するようだ。

・大きさ⇨積載量に直結

・最大許容荷重

・開閉機構

・形状⇨風切音や燃費に影響有り

私が購入した箱は積載量は最小の部類。走行時の風切音や見た目を気にした。積載する荷物はそんなに多くないと思うのでこの大きさでいいと思っている…。

私が購入した箱の開閉機構は旧世代のもの。最新の機構はレバーのようなものが付いておりどーのこーの…正直ここはどうでも良かった。セキュリティに関わるのかな…?

許容荷重も75kgまでと余裕があるので心配無し。スキーの板を家族4人分入れても大丈夫でしょう。

 

Takräcke(レール)

f:id:sverigeyoshi:20200706020034j:image

こちらもピンキリで1000kr〜5000krと様々。

・形状⇨Thuleの場合WingBarというシリーズが風切音を抑えめにできるらしく多少値段上がる…

・高さ⇨低いと値段が上がる…な、何故だ。材料費は逆に抑えられるのに。

 

私は静粛性を重視してわざわざAUDI A6を買ったのでWingBarをマストとした。また、少しでも重心を低くし、前面投影面積を減らすべく高さを抑えたものにした。

ハッキリ言って誰も気付かないレベル。ほとんど職業病。

 

f:id:sverigeyoshi:20200706051209j:image

箱、レール、その他小物諸々で10,143.69krは約12万円。予算が10,000krだったのでまあOK。Mekonomenが無料で取付をやってくれるというのでお願いした。取付はものの15分程度で完了。

 

 

さてさて、取付後の姿を眺めましょうか。

 

f:id:sverigeyoshi:20200706015205j:image

んー、いいですね。

 


f:id:sverigeyoshi:20200706015156j:image

車体中央に配置。

 


f:id:sverigeyoshi:20200706015222j:image

大き過ぎないところがイイ!

 


f:id:sverigeyoshi:20200706015214j:image

一体感あるね。

 


f:id:sverigeyoshi:20200706015147j:image

いいです。

 


f:id:sverigeyoshi:20200706015234j:image

素晴らしい。

 

走行時の印象

0〜70km/h

何も変化無し。だが大きな段差の乗り越えや、穴に落ちる時などに頭上でコトン!と音がする。箱を全体の剛性の問題だと思うが、荷物をそれなりに積んでみたらこの音は無くなった。積み方次第だろうし、こういった音を100%消すのは無理でしょう。そもそも気になるかっつー話。私は職業柄気にしすぎ。ノイズに関しては超敏感なのです。

 

70〜80km/h

僅かに風切音が聞こえ始める

 

80〜100km/h

タイヤのロードノイズに近い周波数の音が頭上やや後方から聞こえてくるが、助手席との会話は問題無し。後部座席の子供と話す時は少々声を張ってもらう必要有り。

 

100km/h〜

音が急激に大きくなることはなく、意外と静か。もっとうるさいものだと思っていたのでハッピー。THULEはちゃんと風洞テストもやってるのかな。でも全モデルはできないだろうから数が出る売れ筋を代表としてやってそう。もしかしたらAUDI A6はその内の一つなのかも。

音に関しては合格。よく出来ている印象。唯一の懸案は横風で煽られること。取付前と比較してステアリングを慎重に握るようになった。これは屋根との隙間がどうしても空いてしまうが故に仕方のないこと。横風の風洞テストもやってたりするのかしら!?実際は前からの風邪との組み合わせになるだろうし複雑だと思うがシミュレーションもやってるかなーなんて。

 

 

f:id:sverigeyoshi:20200706052457j:image

適当にあれこれ積んでみたが、荷物を固定しなくても高速道路、一般道、砂利道ともに中身が動くことなく問題無し。底板に貼ってある滑り止めが素晴らしい。また、これは外して水洗い可能。細かいところまでよく出来てます!

 

 

さてさて、これでキャンプ用品と合わせて20万円ほど投資しちゃいました!!今後は毎年春からから秋はキャンプ三昧です。投資した分を取り返すぞ!

我々家族がやりたいのは、キャンプ道具を積んで欧州を旅することです。ドイツやオランダ、はたまたイタリアやフランスまで行けたらいいなと思っております。飛行機代やホテル代の代わりに燃料代とキャンプ場代となるのでだいぶ節約できますし。そう考えれば20万円はかなりお得だと判断しました。

 

さてさて、まもなく一週間のキャンプの旅です!ワクワク(^^)

 

 

■「スウェーデン移住チャンネル」始めました!チャンネル登録をお願いします!!

スウェーデン移住チャンネル - YouTube

 

 

■ このブログを書いている人

吉澤智哉

2016年にストックホルムへ家族で移住し、現地企業 Öhlins Racing ABでエンジニアとして働く傍ら、スウェーデン企業への転職・移住サポート事業LIV INNOVATIONの代表を務める1981年生まれの二児の父親。

自己紹介 - スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ

 

 

■スウェーデン視察・調査サポート及びスウェーデン移住についての問合せ

スウェーデン視察・調査サポート及びスウェーデン移住についての問合せ - スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ

 

 

あなたのスウェーデンへの移住を実現させます

LIV INNOVATION

Gotlandでキャンプ!ストックホルムからフェリーで往復して一週間滞在したらいくらになる?

今年の夏はコロナコロナで国内旅行しかできません。というわけで、いつかは行こうね(^^)と言いながらなかなか行かなかったGotlandへ行くことにしました!

 

さて、備忘録として費用をまとめておきます。

 

フェリーとキャンプ場でズバリ…

6477kr

 

一週間の旅行でこの値段ならまあいいのかな。

 

Destination Gotland (フェリー) 3907kr

Nynäshamn - Visby 16 juli 2020

Avgång 11:30 - Ankomst 14:55

Förslong フロントサロン

大人 26歳以上 561kr x2

子供 3〜12歳 118kr x2

車 6m未満 599kr

Flexiチケット(払戻しOK) 391kr

 

合計 2348kr

 

Visby - Nynäshamn 23 juli 2020

Avgång 20:55 - Ankomst 00:20

Barnsalong 子供サロン

大人 26歳以上 354kr x2

子供 3〜12歳 71kr x2

車 6m未満 449kr

lexiチケット(払戻しOK) 260kr

 

合計 1559kr

 

 

Tofta Camping - Tältplats med el 2570kr

2x vuxen, 2x barn(6år o 3år)

7 nätter : 16-23 juli 2020 1935kr

Bil 350kr

avbeställningsskydd (キャンセル保証) 295kr

 

 

 

キャンプは近場で何度か練習したし、いよいよ本番。今までは一泊のみのキャンプだったが今回は7泊!頑張るぞー!楽しむぞー!

 

ちなみにキャンプ場はこんな感じ。

 

f:id:sverigeyoshi:20200625072343j:image

プールもあるし海もある。

 


f:id:sverigeyoshi:20200625072328j:image

綺麗です。

 


f:id:sverigeyoshi:20200625072340j:image

真っ白な砂浜…

 


f:id:sverigeyoshi:20200625072332j:image

こんな感じでテント張ります。今回は電気が使えるので何を持って行こうか!?iPhoneの充電器だけでいいかな…笑笑

 


f:id:sverigeyoshi:20200625072336j:image

おー、夜はこんな感じか!ワクワク(^^)

 

 

f:id:sverigeyoshi:20200625072547j:image

ちなみにGotlandはスウェーデンの島です。場所は地図のピンの位置。

 

 

今回、Gotlandを旅先に選んだ理由。

次女が3歳になり車に乗る事を極度に嫌うようになった。5分も乗ると降りたい!!!と言い出す。

なので車での長距離移動は避けることにした。家からNynäshamnの港まで1時間なのでここはまあ耐えてもらうとして。Visbyに着いてからキャンプ場までは1〜20分とのこと。素晴らしい。

 

さてさて、我家の2020年夏休み、うまくいくといいな。

 

 

■「スウェーデン移住チャンネル」始めました!チャンネル登録をお願いします!!

スウェーデン移住チャンネル - YouTube

 

 

■ このブログを書いている人

吉澤智哉

2016年にストックホルムへ家族で移住し、現地企業 Öhlins Racing ABでエンジニアとして働く傍ら、スウェーデン企業への転職・移住サポート事業LIV INNOVATIONの代表を務める1981年生まれの二児の父親。

自己紹介 - スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ

 

 

■スウェーデン視察・調査サポート及びスウェーデン移住についての問合せ

スウェーデン視察・調査サポート及びスウェーデン移住についての問合せ - スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ

 

 

あなたのスウェーデンへの移住を実現させます

LIV INNOVATION

スウェーデンで今一番話題になっていること

2020年6月10日、スウェーデンではコロナ禍ですが国民の関心が高い出来事がありました。

 

それは34年前に当時の首相が暗殺された未解決事件について検察当局による会見が行われたからです。

 

数日前より6月10日に事件についての会見があるとの報道がなされ、国民の関心が高まっておりました。

 

↓6月10日のSVT Nyheter(日本でいうNHK)のアプリはこの件一色。

f:id:sverigeyoshi:20200611172139p:image

 

↓この日に限ってはコロナのニュースは表示されず。
f:id:sverigeyoshi:20200611172222p:image

 

 

まず、事件の概要ですが、1986年2月28日に当時の首相であり政権与党社会民主党の党首Olof Palmeが銃撃を受け亡くなりました。犯人は未だに検挙されておらず、34年経った今も謎に包まれている事件となっています。

 

↓故Olof Palme元首相
f:id:sverigeyoshi:20200611172217j:image

 

検察当局の会見が行われましたが、目新しい情報はなく、国民の多くは府に落ちない内容となったようです。私の友人や同僚も会見の内容に満足している人はいませんでした。

 

↓6月11日のDagens Nyheter(直訳:毎日新聞)の朝刊一面。

「34年間の犯人探しは多くの疑問を残したまま幕を閉じた」という見出し。
f:id:sverigeyoshi:20200611172157j:image

 

 

↓検察当局は会見にて、最も容疑の濃い人物としてStig Engströmの名を挙げましたが、被疑者は既に死亡しており、捜査はこれで打ち切りという宣言もしました。
f:id:sverigeyoshi:20200611172152j:image

 

 

 

私はスウェーデンに住んで4年弱になりますが、事件当時5歳だったので当然この事件について何も知りませんでした。この事件はスウェーデン国民にとっては当然特別なものであり、誰もが知る一大事件なわけです。

 

なので私が移住当初に通った語学学校でもこの事件について教わりました。スウェーデン語の語学学校では純粋に語学だけでなく、スウェーデンの歴史や文化にも触れるので大変ありがたい内容でした。

 

↓ちなみに事件の現場はSveavägenというストックホルムの目抜き通り。写真は事件現場ではありませんが、私が友人とサイクリングに行った時のもの。
f:id:sverigeyoshi:20200611172206j:image

 

 

↓無料の語学学校を終えてからはプライベートの有料語学学校に通うことにしたのですが、所在地がたまたまOlof Palmes gata(Olof Palme通り)にあり、レッスンの初日に先生にあれこれ質問したことを覚えています。
f:id:sverigeyoshi:20200611172131j:image

 

 

↓語学学校のすぐ近くの教会にお墓があったので寄ってみました。首相のお墓ですがシンプルそのもの。この写真はだいぶ前に私が撮影したものですが、本日はおそらく多くの花が供えられているのではないかと思います。
f:id:sverigeyoshi:20200611172147j:image

 

 

↓そしてこちらが事件現場。地面に「ここで当時の首相Olof Palmeが亡くなった。1986年2月28日。」と書いてあります。
f:id:sverigeyoshi:20200611172211j:image

 

 

というわけでスウェーデンへ旅行する、もしくはスウェーデンに人と関わりがある方はOlof Palmeの名を覚えておくと良いかもしれません。日本では犬養毅以来国のトップが暗殺さへるという事件は起きていませんが、スウェーデンはこういった過去を背負っています。

 

 

■「スウェーデン移住チャンネル」始めました!チャンネル登録をお願いします!!

スウェーデン移住チャンネル - YouTube

 

 

■ このブログを書いている人

吉澤智哉

2016年にストックホルムへ家族で移住し、現地企業 Öhlins Racing ABでエンジニアとして働く傍ら、スウェーデン企業への転職・移住サポート事業LIV INNOVATIONの代表を務める1981年生まれの二児の父親。

自己紹介 - スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ

 

 

■スウェーデン視察・調査サポート及びスウェーデン移住についての問合せ

スウェーデン視察・調査サポート及びスウェーデン移住についての問合せ - スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ

 

 

あなたのスウェーデンへの移住を実現させます

LIV INNOVATION