スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ

娘の教育と妻のキャリアの為にスウェーデンへ移住。

日本の非合理的なところ

今回はただの愚痴を書く。すみませんね。

 

一昨日から出張で日本にきているが、道中散々な目に遭った…

 

便が大幅に遅れた関係でスーツケースが成田に届いていなかった。

 

よくある話。この点は仕方がないし全然OK。

 

問題はこの後。翌日、成田の職員から電話があり、通関手続きの代行を依頼する為の書類をよこせと。

 

そうだったか、そんな手続きを成田でやっとかないといけなかったのか。

 

何故だか無理矢理経由させられた上海で住所も書いたしパスポートのコピーも取っていたしこれで足りてるだろうと思っていたのだが。

 

で、その書類、どうすれば良いかと尋ねたら

 

「ウェブで書式をダウンロードしていただいて、必要事項を記入の上、パスポートのコピーと共にファックスでお願いします

 

と言う。

 

ファックス?

(最後に使ったのなんて10年以上前!)

 

メールならすぐ終わって楽なんだがメールアドレスは公開していないとのこと。

 

21世紀なのに!?何故!

 

渋々ファックスを送ったたら

 

「顔写真の部分が真っ黒です。これでは先に進めません。」

 

と。

だからメールにしとけ!と言っても堂々巡り。

 

再度コピーの濃度を変えて送信。

 

また、コピーの送付後に原本を送れとのこと。

原本とはパスポートそのものではなく、ファックス送信に使ったコピーのこと。

 

でも通関手続き自体にはその原本とやらは不要とのこと。じゃ、何に使うか聞いても答えてもらえず。

 

アホなのかな。

 

一連のやりとりを会社を経営する友人に話してみたところ、成田空港のみならず多くの役所、省庁とはメールでやりとりなんぞ不可能とのこと。

 

そういった組織で"新しい"ことにチャレンジする場合、当然ながら稟議を通さないといけないわけだが、通す側がいくら尽力をしても決済する側が、

 

「それで絶対に大丈夫なんだろうな?」

 

と聞いてくるそうで。

 

この世に"絶対"は存在しないわけで、責任を取りたくがない故に結局のところ前例を踏襲することになる。

 

そう言えば私も日本で働いていた時はこんなことを上から言われてたなぁ。

 

失敗を恐れるな!とか狂ったようにスローガンになってたけど実際は失敗を恐れる毎日。

 

じゃあなんでファックスならOKなの?となるが、これは太古の昔の誰かが英断をしただけであって、今この稟議を通す通さないとは関係がないのである。

 

んー。

 

スウェーデンでの行政手続きはウェブ上でパーソナルナンバー(マイナンバー)とBankID(パスワード)でログインでき、そこで必要書類の添付が可能。

 

よほどのことがない限り原本の提出は求められないし、申請後にやりとりが必要な場合は担当者と直接メールでやり取りが可能。

 

これ21世紀なら普通のことでしょう。

 

働き方改革がどーたらこーたら言ってるけれども、手続きでメールも使えないようじゃ話にならん。

 

日本は素晴らしい国。そこら中綺麗だし、みんな一生懸命働く。

 

電話口で担当の方に

 

「メールすら使えないっておかしいと思いません?組織上仕方がないところがあるのは想像ができますが、個人的にどう思います?」

 

と尋ねたところ

 

「個人的見解を述べることは規則で禁止されております。」

 

だって。

 

北朝鮮かよ!

 

全員がくだらないとか非効率だって思っていることが延々と変わらないところがあるのはこの国の一つの特徴。

 

もっと合理的でスピーディな世の中にならないものか。

 

まあこれが嫌で日本を飛び出したので今更文句を言う必要もないのだが…

車の維持費

気になったので車の維持費を真面目に出してみましたよ…

 

Volvo V60 2015年式 2リッター 190馬力 1.7トンをストックホルムで所有した場合

f:id:sverigeyoshi:20180612125505j:image

 

 

先日払った税金(年に一回)
1413kr = 18000jpy

 

車検そのもの(年に一回)
485kr = 6300jpy

 

ローン(毎月)
3500kr = 45000jpy
あと4年もある!

 

駐車場(毎月)
5000jpy程度

 

ガソリン(都度、我家の場合月1.5回程度)
満タン60リッター弱で10000jpy程度

 

保険(毎月)
6000jpy程度

※対人対物無制限車両保険込み免責4万円程度

 

3年経過5.5万キロ整備
オイル交換(数年に一度?)
各種フィルター交換
その他諸々メンテ
6256kr = 81000jpy

 


やっぱり日本は税金が高い…?3ナンバーのボルボだと日本ではいくらになるんでしょう。

 

スウェーデンは車関連の税金は一つだけで、重量税とか自動車税とか異なる名目で払う仕組みにはなってませんね。シンプルです。

 

保険も安いのかな?スウェーデンには自賠責保険とかいう謎の保険は存在しないし。

 

車検は毎年ありますが、これを理由に買い換えるってほど出費はかさみません。メンテは走行距離や経過年数で行うので車検そのものは5分で終わるし大したイベントではないんですね。

f:id:sverigeyoshi:20180612125324j:image

 

車検を受けてダメなところだけ直すんです。これが本来の検査なのでは。

「車検だからアレコレ交換しよう」ってのはおかしな話。

 

人間だって健康診断を受けて異常が見つかれば処置をするわけで、健診の前にアレコレ手術しないですよねー。

 

日本は車検の定義、価値から見直すべき。こんなもん民間委託してサービス業にすべき。21世紀に車を一台一台わざわざ国からお墨付きを得る必要なんぞ無い。

 

スウェーデンも車検を完全に民間へ移行したのはここ10〜15年の話だそうなので日本も検討してみては。

 

まー困る人が沢山いて無理なんだろなー。

 

って、国民一人ひとりが「無理なんだろなー」って思っちゃうから無理なんだろなー。

 

選挙の投票率が5割を切っちゃうぐらいですからね、これじゃ何も変わらないわけです。

Skärgård 離島はSandhamnへ

本日は家族でSandhamnへ。

 

f:id:sverigeyoshi:20180611060816j:image

マジですげーいいところ。

 

f:id:sverigeyoshi:20180611060919j:image

赤区間は船。

 

f:id:sverigeyoshi:20180611061003j:image

これ。海は波がほとんどないので船が揺れず快適。

 

f:id:sverigeyoshi:20180611061130j:image

船内。外に出てもOK。景色最高。

 

f:id:sverigeyoshi:20180611061414j:image

島へ到着。前の一家は一緒に行ったご近所さん。今日の会話は99%スウェーデン語。時々分からなくて流しちゃった。

 

以下、森、別荘地帯を抜けて島の南端にある砂浜までの模様。

 

f:id:sverigeyoshi:20180611061654j:image


f:id:sverigeyoshi:20180611061723j:image


f:id:sverigeyoshi:20180611061643j:image


f:id:sverigeyoshi:20180611061716j:image


f:id:sverigeyoshi:20180611061729j:image

 

f:id:sverigeyoshi:20180611061737j:image


f:id:sverigeyoshi:20180611061706j:image


f:id:sverigeyoshi:20180611061700j:image


f:id:sverigeyoshi:20180611061649j:image

 

ピクニック、水遊びして別の道で戻る。

しかし水が透き通っていて綺麗。

森はブルーベリーだらけ!

 

f:id:sverigeyoshi:20180611062019j:image


f:id:sverigeyoshi:20180611062010j:image


f:id:sverigeyoshi:20180611062028j:image


f:id:sverigeyoshi:20180611061953j:image


f:id:sverigeyoshi:20180611062042j:image


f:id:sverigeyoshi:20180611062002j:image


f:id:sverigeyoshi:20180611062036j:image

 

しかし長女が歩かない!ベビーカーに乗りっぱなし。歩かせてもちょっと歩いて抱っこを要求してくる。

 

疲れていないのか、昼寝をしていないにも関わらず夜なかなか寝られない…

 

まぁ確かに今日は車か船かベビーカーの移動でほとんど歩いてないな…

 

もっと体力を使わせねば…

 

以下、お会計。

1kr=13円。最近ちょっと円高、12.5krぐらいか。

 

 

船 Waxholmsbolaget

79kr x 2 人 (往路) = 158kr 所要45分

85kr x 2 人 (復路) = 170kr 所要30分

 

駐車場 6時間46分

155kr

 

カフェ

コーヒー x 2、チキンサンド、アイス

245kr

 

ICA MAXI

水、ぶどう、ジュース

97kr

 

合計825kr

 

ちょっと使い過ぎだな。

カフェのところの245krは0krにできる。それなら580krか。

 

育児休暇中に俺一人で行ったとすれば416krか。

 

これなら平日に金を使わなければ毎週末行っても大丈夫かなー。

 

よし、妻が不在の8月の毎週末は船でSkärgård 離島を巡るツアーを計画するか。

 

スウェーデン語

だいぶ上達してきた。今日の会話は99%スウェーデン語でだいぶ満足!聞き取りは時々怪しいけど、言いたいことや聞きたいことは何でも聞けた。ちょっと事前に頭の中で練習しちゃうけど…

いわゆる日常会話程度レベルには到達したと言える。

ピザを電話で頼めるし、きちんと頼んだものが出来上がる。以前のように一枚多かったり異なるメニューになったりはしない。

 

もちろんまだまだ働くには程遠いレベル。

今後もコツコツと積み上げていこう。

Veganについて考えてみる

ストックホルムへ家族で移住し、現地企業 Öhlins Racing ABで自動車用サスペンションを開発するエンジニア、37歳、二児の父親です。

 

ブログタイトルがイマイチなので再度変更。

 

本日はスウェーデン最大のVeganイベントに行くべくNacka Strandmässanへ。

 

周りの友人でVeganやベジタリアンは何人もいるし、スウェーデンではVeganが珍しくないので自然と意識するようになったわけで。

 

倫理的には理解はできるけれども、実際に食生活から肉や乳製品が無くなるのはなぁ…

 

だって肉うめーじゃん…

 

という半端な気持ちでとりあえず行ってみることに。

 

きっかけは友人(起業家)が出展するから。

 

f:id:sverigeyoshi:20180610031358j:image

入場してすぐ、オランダのバーガー。食べたらキマっちゃう?後で食べようと思ったけど閉店しちゃってた。


f:id:sverigeyoshi:20180610031434j:image

大小様々なブースがあった。ここはピザ屋さん。


f:id:sverigeyoshi:20180610031335j:image

ピザ屋さん別角度。試食したらまあ美味しかった。


f:id:sverigeyoshi:20180610031447j:image

挽肉風。


f:id:sverigeyoshi:20180610031506j:image

挽肉っぽいヤツ。これを購入したいと言ったら無料でくれた(^^)今夜はこれで麻婆豆腐を作ってみる。


f:id:sverigeyoshi:20180610031345j:image

チーズ屋さん。なるほど、乳製品もあることはあるのね。ただ動物の飼育環境がちゃんとしていて添加物もないそうで。


f:id:sverigeyoshi:20180610031428j:image

無料で配られていたKorv。試食してみた。やはりパンチがないというか…


f:id:sverigeyoshi:20180610031512j:image

さて、帰宅後に麻婆豆腐。私の得意料理。これで美味しかったらマジでVeganになろうと思う。動物を殺しまくるのは確かに良くない。

 


f:id:sverigeyoshi:20180610031421j:image

いつもと違って肉汁が無くてパサパサしてる。胡麻油を足してみたけど…んー。

 


f:id:sverigeyoshi:20180610031320j:image

味噌、酒、醤油と豆板醤で味付け。ん?豆板醤?これ大丈夫か!?Veganの定義から外れるかな!?

 


f:id:sverigeyoshi:20180610031405j:image

長女はネギが入っているのを見つけて敬遠。

 


f:id:sverigeyoshi:20180610031440j:image

次女は豆腐が気になる模様。

 

 

 

さて、味は…んー。やっぱり肉と比べちゃうとちょっとパンチが無いというか、肉の旨味がゴソっと無くなってるので物足りなく感じる。

 

ただ、ご飯と味噌汁と共に流し込めばいつもの美味しい麻婆豆腐。

 

んー。不味くはないんだけど。

 

まだ完全にVeganデビューとはいかないけれども、しばらく色々な料理を試してみようかと。

 

肉を使った時と味、旨味がどれだけ離れるのか、それぞれの料理で異なってくるはず。

 

例えば、以前試したスパゲティミートソースならそこまで悪くない。

 

 

ただ、今後この分野は間違いなく伸びていくと思う。味とかバリエーションとか。

 

ちなみにこの手のVegan食材はそこらのスーパーで当たり前のように売られている。

値段も普通で極端に高くない。

 

なのでVeganになるには自分の心の準備次第。

 

しかし、2〜30年後にはきっとこんな会話をしているに違いない。

 

「昔はね〜、牛とか豚とか鶏を殺しまくって食べてたんだってねー、野蛮よねー。」

 

という時代となると思ってる。少なくともスウェーデンでは。

 

子供達には今のうちから

 

「Veganってのはこういうもんだぞー」

 

というのを教えていこうかと。

 

f:id:sverigeyoshi:20180610034636j:image

今夜はスウェーデンvsペルー。ワールド杯直前の調整。

 

さて、明日はご近所さんと船の旅!!ワクワク!

ブログのタイトル変えました

ストックホルムへ家族で移住し、現地企業 Öhlins Racing ABで自動車用サスペンションを開発するエンジニア、37歳、二児の父親です。

 

つい最近37歳になりましたし、毎年ブログのタイトルを変えて行くのもシンドイのでタイトルを改めました。

 

これなら生涯変更無しでいけますね。

 

本日は14時過ぎに帰宅して長女と約束をしていた都心の遊園地へ。

 

土日だと混むので金曜なら空いてるかなーなんて思っていましたが、土日と大して変わりませんね…

 

ベビーカーを押すお父さんが沢山いました。

 

f:id:sverigeyoshi:20180609073446j:image

綿アメでかすぎないか?笑笑


f:id:sverigeyoshi:20180609073453j:image

メリーゴーランドに初の一人乗り。


f:id:sverigeyoshi:20180609073502j:image

なんとリスが登場!

 

 

ではでは!

次女の寝かし付け→朝まで一緒に寝てみよう

f:id:sverigeyoshi:20180527130600j:image

ムッチムチの次女。全裸なのはオムツを忘れたから。ここ2週間ほど、ストックホルムは晴れっぱなしで連日25℃超え。湖が賑やかになる季節がやってきた。

 

あと約一週間で私の誕生日、37歳。この一年は公私ともに120点。気持ちよく年を取れる。

 

仕事は信じられない程に順風満帆。プライベートも家族に病気やケガなどなくこちらも順調。

 

この一年で熱を出したのって私だけ?長女も一回ぐらいあったかな?しかし妻と次女は身体が丈夫。健康第一。

 

私の誕生日の約一週間後、今度は次女の誕生日。まもなく一歳かと思うとこの一年は本当に早かった。

 

七月より私の育児休暇が始まる。厳密に言えば最初の一ヶ月は有給休暇でその後の三ヶ月、10月末まで育児休暇となる。

 

8月のほぼ一ヶ月は妻が単身で日本に滞在となる故、私と長女、次女の三人で暮らすこととなる。

 

これにはかなりビビっている。世間の母親からしたらふざけた話だろうが、妻なしでうまくやっていけるのか不安だ。

 

不安と言ってもその要素は一つのみ。次女の寝かし付けである。その他は何をすれば良いか想像が付くので問題はない。ハズだ。

長女は日頃から寝かし付けをしているし、長女も慣れているので全くもって不安はない。

 

というわけで、今後は金土に限って私が次女の寝かし付けを担当することに。当然、寝かし付けるだけでなく朝まで一緒に寝る。

 

次女は寝ている間かなり動き回るので、寝室のダブルベッド脇につなげてある次女専用の自作ベッドで寝る。

 

私に慣れないが故に次女が夜中に泣くことを想定し、妻と長女は別室で寝ることにした。

 

そう言えば寝かし付け自体は今まで何度かやってきたが、長女の時も含め、朝まで通してというのは恥ずかしながら一度も無かった。

 

普段は私と長女は別室で寝ているが、時折家族全員で一緒に寝ることもあり、夜中に次女が時々起きたり泣いたりすることは分かっていた。

 

さてさて、まずは金曜夜。

 

次女の通常の就寝時間である20時に向けて19時半頃から妻のレクチャーを受ける。

 

次女の行動パターンは概ね以下の通り。

 

20:00 就寝

23:00 夜泣き一度目

03:00 夜泣き二度目

06:30 起床

 

二回の夜泣きに備えて予めvällingを用意しておく。

一度目のものは私が寝るタイミングで既に作ってしまう。二度目のものは水筒にお湯を入れておき、flaskaに粉のvällingを入れておく。

 

いずれも200ccが目安。vällingはスプーンで4杯程度。

 

なるほど。まぁ普段から横目で見ていたし、特に驚くことはない。

 

さて、20時になった。いざやってみる。

 

外はまだまだ明るいものの、部屋を暗くしていよいよ寝かし付け。

 

f:id:sverigeyoshi:20180527154714j:image

ちょうどこの頃窓の大規模修繕があり部屋が真っ暗にできる

 

寝かし付けと言ってもベッドの上にポンっと置くだけ。

 

私にできることは手を添えたり見守ることだけだ。

 

しかし、泣く泣く。泣きまくる。

 

「母親はどこに行ったんだー!」

 

と言わんばかりにひたすら泣く。

 

次第に汗だくに。

 

それでもここはグッと堪えることにした。

 

ここでアッサリ諦めて妻にスイッチしたら何の意味もない。

 

しかし30分泣いてもまだ寝ない…さすがに私の心も折れてきそうに。

 

ここで「赤ちゃん 寝かし付け パパ」でググる。

 

"赤ちゃんは泣くのが仕事。何時間でもとことん付き合え。母親とはこれを生後間もない頃から経験し、信頼関係が築けている"。

 

と書いてあった。

 

ホントにその通り。ここ最近の次女は起きている間、ずーっと母親にべったり。

 

私が抱っこするとすぐに泣きわめく…

つまり信頼関係が築けていないだけなのだ。

 

Googleのおかげで気持ちが切り替わった。ありがたい。

 

ちょうどこの頃、リビングにいた妻が心配になったのか部屋を覗きに来たので手を大きく振りそのまま追い返す。

 

ググった後で良かった。危うく甘えてギブアップをするところだった。

 

やがて次女の様子に変化が見られた。

 

相変わらず泣いてはいるものの、数秒間静かになる。どうやら泣き疲れ、眠気が段々と強くなってきたらしい。

 

これは寝るぞ、と確信が持てた。この時20:45。

 

うつ伏せの次女の背中をトントンしているうちに、ついにスースーと眠り出した。20:55。

 

約一時間かかったが寝てくれた。とても嬉しく、早速リビングに待機していた妻へ報告。

 

さて、ここで一息付いている暇はない。

 

通常は23時頃に起きるようだが、いつ起きるか分からないので早速vällingの準備。

 

妻とアレコレおしゃべりをし、私は次女のことが気が気でなく早めに寝ることに。

 

するとやはり24:00付近に次女が泣き出した。

 

先程用意したvällingを飲ませる。

が、アレ?全く飲まない。

 

私の抱っこからスルスル、モゾモゾと抜け出し、またうつ伏せになりスースーと寝出した。

 

何だよ飲まないのかよー!と少々肩透かしを食らう。

 

次女の寝顔を眺めながら私も寝ることに。

あー、なんか幸せだなー。もっと前からやればよかった。

 

次女が泣いていることに気付き、起きたら3時。妻の予言通りである。

 

予め用意しておいた第2弾のvällingを与える。

今度は200ccを一気飲み。

 

もう少しゆっくり飲みなよ!と思ったが、眠そうにしながら一生懸命飲む姿がたまらなく可愛い。

 

全て飲み終えると先程同様モソモソと移動しうつ伏せで寝る。

 

なーんだ、やってみれば意外と簡単。

 

その後、次女はちょこまか動き回りながら朝まで寝てくれました。

 

気付けば私に身体を寄せるようにしてベッタリ。母親と間違えてるのかな?

 

当初の不安はどこへやら、とってもとっても幸せな一夜となった。

 

f:id:sverigeyoshi:20180527123254j:image

一夜明けた土曜日は近所Steninge badplatsで湖水浴。

 

そして2日目の土曜日の夜。

 

昨晩同様寝かし付けに入る。次女は早々に諦めたのか、15分で寝てくれた。

 

諸々の準備をし、私も就寝。

 

23:30、次女が泣くのでvälling1本目。半分も飲まずモソモソと移動し再び就寝。

 

あまりに短時間なので私も再度スムーズに就寝。

 

次女二度目の起床、3:30。2本目のvällingは昨晩同様一気飲み。そしてモソモソと移動。

 

f:id:sverigeyoshi:20180527124702j:image

ギリギリの端っこで寝る人。心配なので落ちても良いように床にソファのクッションと布団を重ねて置くことに。

 

で、このまま寝るかと思いきや…私がトイレに行っている間に泣き声が。

 

なんと床に落ちている!

 

でもソファのクッションの上に完璧に乗っかっていて、次女は困惑した様子。

 

抱き抱えて一緒に寝ることに。

 

ところが次女は何やらモソモソ。私の腕を掴んだり顔を撫でたり、私に突進してきたり乗っかってみたり。

 

次第にケラケラと笑い出す始末。おいおい3時半だぞ…

 

しかし外が明るいなぁ。

 

まあ明日も休みだし全然問題無し。とことん付き合ってみるとこに。まぁそれ以外選択肢が無いのだが。

 

せっかくだしオムツも替えておくか。

15分ほど二人でじゃれ合った。

 

やがて私に寄り添うようにして再び就寝。

 

しかし、次女、落ち着いてる。母親を探したりしない。明らかに私と次女の距離感に変化が現れた。

 

私はすっかりと目が覚めてしまい、今これを書いている。

 

いやー、幸せだなぁ。

 

父親として当たり前なことをやっているだけだし、何もすごいことではないんだけど。

 

どうして長女の時にはやらなかったのか。

 

まぁ当時の長女は母親しか受け入れられなかったし、そもそも私が敢えて長女を寝かし付ける必要もなかったからだ。

 

最近は次女に離乳食をよくあげるが、これも長女の時は見ているだけでほとんどやらなかった。

 

当時東京でサラリーマンをやっていた頃は「家のことは妻。子育ても妻。俺は稼ぐ。」で全てが成り立っていたわけだし、これで夫婦間のバランスが取れていた。

 

スウェーデンに来た理由は家族全員の為だが、私個人としては子供と過ごす時間を増やすことが最大の目的だった。

 

故に7月からの育児休暇は私の人生において最も重要な4カ月となる。

 

昨日までは不安でしかたなかったが、今は自信が湧いてきた。

 

逆に母親不在の一ヶ月、面白くなりそうだ。

 

目がすっかり覚めてしまった。

端っこで寝てたはずなのに、今は次女に押されて気付けばベッドの中央。

 

眠くなるまで、私にしがみついている次女をしばらく眺めることにしよう。

 

※今回からは以前のように「日本社会の為」という大義名分ではなく、自分の為の単なる日記です。

文中に出てくるスウェーデン語の単語等は適当にググって頂ければと思います。

スウェーデン語のブログを立ち上げました!

ストックホルムへ家族で移住し、現地企業 Öhlins Racing ABで自動車用サスペンションを開発するエンジニア、36歳、二児の父親です。

 

f:id:sverigeyoshi:20180514043550j:image

ストックホルムは昨日も今日も快晴。気温26℃、湿度35%程。ちょっと汗ばむ程度。これ以上暑くなることはほとんどない。

 

スウェーデンへ移住してきて約2年間、日本社会の為になればとの思いで、メディアを通じてスウェーデン社会について執筆をした記事が10本、ブログはこれまで122本の記事を書いてきました。

 

現時点で私が発信できる内容はもはやほとんどなくなってきたと感じております。

 

「スウェーデン寒い!」とか「このカフェお洒落〜♫」みたいのだったらいくらでも書けますけど…

 

一応社会派ブログといいますか、それなりのメッセージを込めて書いてきたつもりです。

 

ただ、移住してまだたった2年です。今後、永住権を取得し、スウェーデン国籍を取得する予定です。

 

その頃にはまた違った景色が見えているでしょうし、日本社会も少し変わっているかもしれません。

(永住権はあと2年、国籍は永住権取得から更に1年で申請が可能)

 

というわけで、今後はスウェーデン社会へ貢献すべく、スウェーデン語のブログを立ち上げました。

 

http://yoshisan.blogg.se/

 

まだまだかなり拙いレベルのスウェーデン語ですが、何を言いたいかぐらいは伝わるレベルにはなってきたかと思います。

 

スウェーデンに限らず、日本製品は世界中で評判が良く、それらを製造するヒトや国へのイメージは概ねポジティブです。

 

例えば、特に自動車産業では、世界中の会社でトヨタ生産方式を参考に業務の効率化やカイゼン活動が行われています。

 

但し、例えばスウェーデンの会社がトヨタのやり方をそのままコピー → ペーストしようとしてもそううまくはいきません。

 

ワードやエクセルで言う、貼り付ける時に警告文が出る感じです。

 

この警告文を解説し、適切な「形式を選択して貼付」をスウェーデン社会全体へ推奨するのが私が貢献できることなのかなと思います。

 

終身雇用、年功序列が前提の日本の会社とコロコロと人が入れ替わるスウェーデンの会社ではそもそもの土台が根本的に異なります。

 

異なる土台に、良しとされているシステムをどのように導入(コピー)し、定着(ペースト)させるのか、これが難しいわけです。

 

こんな内容をスウェーデン語のブログに書いていこうかなと思います。

 

ホント、スウェーデンの人達にとって日本って未知の国なんですよ。

 

 

 

とはいえ、こちらの日本語のブログも時々更新しますので引き続きよろしくお願いします。

 

もはや単なる日記と化しましたが…。

 

ではでは。