読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スウェーデンに移住した35歳妻子持ちエンジニアのブログ

娘の教育と妻のキャリアの為にスウェーデンへ移住。

ブログを毎日更新するようになって一ヶ月。毎日更新する理由があるんです。

 おはようございます。
ストックホルムへ家族で移住し、現地企業で働く35歳、一児の父親です。

 

f:id:sverigeyoshi:20170321051430j:image

 

標題の通り、ブログを毎日更新する理由は2つあります。

 

 

一つ目は日本社会の発展の為

 

スウェーデンという国には、働き方や女性の社会進出、合理的な社会など、現在の日本が直面している課題の参考になる材料が沢山あります。

 

私の目線で、スウェーデンという国を少しでも多くの人に伝えたくてこのブログを始めました。

 

寒いだけじゃないんですよ〜!

 

より多くの人に読んでもらうには、毎日更新をしてブックマークに入れてもらうのがブログ業界の常識のようです…

(現にアクセスが格段に増えました)

 

私のブログは比較的長めですし、正直けっこうな負担です。

 

 

それでも毎日書き続けるのにはもう一つ大きな理由があります。

 

 

将来の子供達の為です。

 

長女は2歳からスウェーデン、間もなく産まれる次女はスウェーデン産まれ。

 

彼女らは姿形は日本人でも、中身はスウェーデン人となっていきます。

 

その過程で、一度や二度は見た目とのギャップに葛藤するはずです。

 

スウェーデンは多人種国家なので、日本のように「ガイジン」扱いされることはほとんどないとは思いますが…

 

それでもきっとこのように言われる日が来ると想定しています。

 

「なんで私をスウェーデンに連れてきたのよ!」

 

その時にこのブログを読ませてあげたいのです。

 

来るべきに備え、きちんと製本もしておくつもりです。

 

 

何故スウェーデンを選んだのか。

 

どうやってスウェーデンに来たのか。

 

実際来てみてどうだったのか。

 

子供達の様子はどんなだったのか。

 

これらをきちんと記録する手段として、日記感覚でブログを書くのも悪くないなと思ったわけです。

 

また、どうせなら公開してみようと。

 

向こう数十年に渡る生活となるわけで、その中でも特に最初の数年は感じることが多いと思います。

 

このフレッシュな気持ちを可能な限り記録し、将来の娘達の説得材料として書き続けていこうと思っています。

(仮に私に万が一の事があってもオンラインで記録が残っているので安心w)

 

同時に日本社会へのメッセージとして役に立てればとも考えています。


毎日読んで下さっている方、本日たまたま訪れた方、ありがとうございます。

 

また、今後ともよろしくお願いします。

 

ではでは、また明日。