スウェーデンに移住した36歳妻子持ちエンジニアのブログ

娘の教育と妻のキャリアの為にスウェーデンへ移住。

こんな家に住みたい!

ストックホルムへ家族で移住し、現地企業 Öhlins Racing ABで自動車用サスペンションを開発するエンジニア、36歳、二児の父親です。

 

本日は郊外に住む友人宅へ遊びに行きました。

 

妻とは以前から話しているのですが、いずれは田舎のポツンと佇むような家に住みたいと。

 

今日お邪魔した家はまさしく我々の理想にピッタリのお家なのです。

 

f:id:sverigeyoshi:20180430051401j:image

2万平米の庭。子供達は奇声を発しながらとにかく走り回る。

 

 

f:id:sverigeyoshi:20180430051438j:image

んー、素敵。

 

 

f:id:sverigeyoshi:20180430051509j:image

ただただ素敵…

 

f:id:sverigeyoshi:20180430051550j:image

長女、人生初の乗馬体験。いいなぁ、私も乗ったことないのに!後ろに見えるのがお家。

 

そうなんです、このお家は馬を飼ってるんです。

 

馬が4頭だったかな。

他にも鶏が10羽ぐらい。

後はジャーマンシェパードが一匹。

 

家から窓の外を眺めるとかなりの確率で鹿が見えます。

 

もはや動物園です。

 

f:id:sverigeyoshi:20180430052009j:image

鹿だけでなくムースもいた!でけー!カッコイイ!

 

f:id:sverigeyoshi:20180430060253j:image

本日は寿司パーティー🍣

 

しかし、この家に行くといつも様々なコンテンツに溢れており感心します。

 

前述の通り馬に乗ってみたり。

 

鶏にエサをあげてみたり。

 

庭にあるブランコに乗ってみたり。

 

バーベキューをしたり。

 

鹿を観察してみたり。

 

庭のお花を眺めてみたり。

 

ただひたすら走り回ったり。

 

夏になれば隣の森でブルーベリーが採れたり。

 

秋になればキノコが採れたり。

 

昨今の家庭では、子供達をなだめるのにテレビやiPadなどのデバイスに頼る時が少なからずあるかと思いますが、この家はそういうものの出番が無いんです。

 

今まで5〜6回お邪魔してきたけど、そう言えばこの家では一度もテレビやApple製品の力を借りたことがないんですねぇ。

 

というわけで、今日、

 

「やっぱコレだわ!」

 

と思ったわけです。

 

でもってこの人の隣の家が今売りに出ています…

 

何とか買えなくもない金額なんですね…

 

友人曰く

 

「おススメだよー。でも5000平米しか敷地がないから馬にとっては狭いよなぁ!」

 

とのこと。

 

「馬は飼うつもりないんで!お手入れ大変そうだしそもそも5000平米もいらないよ!」

 

と言ったら近々もう一軒近所の家が売りに出るとのこと!!

 

こちらはプール付きだけど2000平米でかなり狭い(笑)のでリーズナブルな価格になるはずですって!

 

ナニッ!

 

会社からは車で30分ぐらいだし、ストックホルム都心までも小一時間だし条件はほぼ完璧です…

 

いやー、また悩みが一つ増えてしまいました…

 

でも自然に囲まれた大きな戸建に住むのは我々家族の夢の一つですからね。

 

妻が既に隣で周辺のグーグルマップを見ながら学校を調べています…

 

連休明けに銀行に相談することになるかもしれません…

 

うぉー!引越しめんどくせー!!

 

でも窓から鹿とかムース見てぇー!!

 

別に今じゃなくてもいいんですけど。

 

でも、今やらなかったらいつやるんだろう。

 

いやー、スウェーデンに引越してきてから2年。

 

ホントに、一歩踏み出すと次の一歩が見えてきます。

 

まさに手探りの毎日。

 

でも少しずつ幸せが近付いているというか、拡大しているというか、自分達の理想がよりハッキリし、それを掴み取る為の術を画策しております。

 

とは言え、引越しもうヤダ…

 

この5年、ほぼ毎年引越しをしてきたので…

もういい加減疲れました…

 

でも大自然の家イイ!

 

みたいな一日でした。

 

◾︎

さて、明日のスウェーデンは全国で焚火のお祭りの日!

 

本格的な春の訪れを祝います。

 

気が向いたらブログを更新します。

(興味のある方はValborgでググって下さい)

 

ではでは。