スウェーデンに移住した35歳妻子持ちエンジニアのブログ

娘の教育と妻のキャリアの為にスウェーデンへ移住。

スウェーデンでの引越し準備。中古家具で揃えて床は自分で張替える!

おはようございます。ストックホルムへ家族で移住し、現地企業で働く35歳、一児の父親です。 月末の新居への引越しに向けて、先日ソファを買いました。 現在の借家は家具付きだったので日本からはダイニングテーブルぐらいしか持って来ていません。 なので色…

スウェーデンの森はブルーベリーだらけ。新居から徒歩3分の森を散歩してきた。

おはようございます。ストックホルムへ家族で移住し、現地企業で働く35歳、一児の父親です。 この前の日曜日に、前から気になっていた新居近くの森をお散歩。 (入居は月末です) Googleマップで見るとすぐ近くに森があるんですよ。 さて、どんなもんかと。 新…

スウェーデンで3歳の娘が風邪を引いたので有休?いや、こうなります。

おはようございます。ストックホルムへ家族で移住し、現地企業で働く35歳、一児の父親です。 本日月曜日は娘の体調がよろしくなく、就学前学校を休むことになりました。 本人はちょっと咳が出たり、37℃ちょっとありますが元気いっぱい… ↓片方二重になってま…

スウェーデン移住一周年記念。スウェーデン料理のレストランへGO!

おはようございます。ストックホルムへ家族で移住し、現地企業で働く35歳、一児の父親です。 昨日土曜日はスウェーデン移住一周年を記念して家族で都心のスウェーデン料理のレストランへ行ってみました。 と言っても、ここは私自身は3回目、家族でも2回目。 …

スウェーデンの育児休暇制度 私は子供2人分で最長480日取れます!

おはようございます。ストックホルムへ家族で移住し、現地企業で働く35歳、一児の父親です。 昨日の第二子妊娠に関連して、本日はスウェーデンの育児休暇制度についてです。 社会保険庁に一時間も電話で確認をした内容です。 ◾︎何日取れるのか 子供一人につ…

スウェーデンで第二子を授かる

おはようございます。ストックホルムへ家族で移住し、現地企業で働く35歳、一児の父親です。 タイトルの通り、めでたく第二子を授かりました(^^) 現在妊娠7ヶ月に入ったところです! ↓35歳の妊婦さん。 (スウェーデンでもちゃんと雛祭り) スウェーデンでの検…

スウェーデンは噂通り子育てに寛容。語学学校に娘を連れて行ってみた!

おはようございます。ストックホルムへ家族で移住し、現地企業で働く35歳、一児の父親です。 先日、私の夜間の語学学校と娘の就学前学校のFöräldraråd (英:Parent council 日:PTA?)が重なってしまい、私か妻のどちらかが娘と一緒に過ごすことになりました…

スウェーデンへ移住して一年。我々の選択は正しかったのか。

おはようございます。ストックホルムへ家族で移住し、現地企業で働く35歳、一児の父親です。 早いもので日本を離れてから本日で丸一年。 ↓去年の今日。 もう一年なのか、まだ一年なのか。 永住するつもりなので"まだ一年"と言った方が良いのでしょうね。 こ…

スウェーデンで家を買うにはどうしたらいいの?

おはようございます。ストックホルムへ家族で移住し、現地企業で働く35歳、一児の父親です。 ↑朝焼けです。ついぼーっと見てしまいます。 さて!スウェーデンで家を買うには、不動産屋に相談しても良いのですが、多くの人がHemnet→https://www.hemnet.se/で…

スウェーデンで住宅ローンを組んでみた

おはようございます。ストックホルムへ家族で移住し、現地企業で働く35歳、一児の父親です。 ↓写真はこの前の土曜日。隣に住む14歳の子と湖にスケートに行きました。 この子に限らず、スウェーデンの中高生は素晴らしい社交性があります。 これについては別…

スウェーデンの住宅価格 私が購入した家は高いのか・安いのか

おはようございます。ストックホルムへ家族で移住し、現地企業で働く35歳、一児の父親です。 本日はスウェーデンの住宅価格のお話です。 まずは我々の新居の値段をお伝えしましょう。 (物件は昨日の投稿をご覧下さい) ↓また新居の写真。入居は4月。ワクワク…

スウェーデンで家を買ってみた

おはようございます。ストックホルムへ家族で移住し、現地企業で働く35歳、一児の父親です。 昨日の投稿は今日の内容の前触れで… 先月、スウェーデンで家を買いました! ヒャッハー! 35歳にして2度目のマイホーム購入でございます。 (一度目は東京で、住ん…

スウェーデンの住宅は3種類。一軒家と集合住宅ともう一つ。

おはようございます。ストックホルムへ家族で移住し、現地企業で働く35歳、一児の父親です。 (これから冒頭にコレを書くことにしました) 本日はスウェーデンの家のお話。 みなさん、スウェーデンと聞くと大きな一戸建てを想像していませんか? ↓こういうのと…

真冬の通勤風景 車編

週に1〜2回は私が娘の就学前学校の送り迎えをしています。 14時に迎えに行くので、その時間帯に会議が入っていない日を選んでいます。 まずは娘を起こすところから。 娘はいつも夜は19〜20時に寝て、朝は6時頃に起きます。 ↓起きてからしばらくボーっとして…

スウェーデンの保険は安い!

いきなりですが本日の昼飯↓ セルビアのファーストフードだそうで、袋になったパンに牛肉をすっぽり入れて、パプリカのソースと玉ねぎを入れて食べます。 まぁハンバーガーですね。 おいしかったー。 会社の食堂、と言うよりもレストランで毎日美味しいごはん…

真冬の通勤風景 自転車編

今朝、起きたら雪が積もっていました。 イェーイ! ↓バルコニーからの眺め。 皆さんスウェーデンと聞くと雪国だと思うでしょう。 ↓こんなのを想像していませんか。 これは新潟の写真です。 スウェーデンは日本と同様、南北に長いので北に行けば当然降雪量も…

スウェーデンの週末

スウェーデンの土日は勝手にクオリティが上がります。 まぁ、だいたいこんな感じです↓。 昨日、日曜日の午前中は、妻は家でお勉強。私と娘は近所の湖へお出かけしてきました。 (土曜日の分は前回投稿参照) この湖は我家から車で5〜10分の距離です。 夏、秋は…

英語が話せることで逆に困ること + スケートにハマりました

昨日もスケート。これで5週連続。 刃渡り40cmのスケートで滑ります。 (娘はスケートのことを包丁と言います) 今回はVästerås(無理矢理カタカナで言うとヴェアステロ〜ァス)という80kmほど離れた街まで来ました。(車でね。スケートじゃなくて。)ここの湖はMäl…

スウェーデン語の語学学校 続編

写真は湖のスケートセット。 あまりにも楽しいので買ってしまいました。全部で3000krほど。4-5万円ってとこですかね。 スキーのストックのようなものも使います。 他のアイテムは誰かが氷が割れて落ちた時に引っ張り上げるロープ(赤い袋のeverestと書いてあ…

スウェーデン語の語学学校で感じたこと

娘の幼稚園開始と共に、私もスウェーデン語の語学学校に通い始めました。昼間は仕事があるので、火曜と木曜の17:30-20:00の夜間クラスです。 スウェーデンでは、移民も難民も無料で語学学校へ通うことができます。正しくは税金で運用されているので、「スウ…

スウェーデンの教育思想

3歳4ヶ月の娘が就学前学校(スウェーデンでは幼保一体で幼稚園と保育園の区別無し)に通い始めました。 本日で一週間少々が経過しまして、まあ多少グズグズする時もありますが、うまくやっているようです。 スウェーデンでは、本人の負担軽減として、最初の…

超IT社会のスウェーデン

明けましておめでとうございます。 ↑の写真は娘の就学前学校です。 スウェーデンは幼保一体なので幼稚園、保育園とは言わないんです。 スウェーデン語でFörskolaと書き、För=前、skola=学校という意味です。 森が目の前に広がり、湖に面していてまさに私が理…

スウェーデンの会社では風邪を引いても有給休暇を使えない!

↑先週、記録的大雪となったので雪だるまを作りました。ストックホルムって意外なことに11月、12月は雪が降らないんですって。 雪が降ると外が明るくなってとってもハッピーな気分になります。 さて、ここからが本題です。 先日、スウェーデンに来て初めて風…

転職と転社

ストックホルムにも冬がやってきました。写真は我家のバルコニーからの眺めです。 さて、今回は「転職と転社」の違いについて書いてみます。 (転社という言葉は私が勝手に思い付いた言葉です) 私はこの、“転職”という言葉の定義に違和感を覚えています。 …

スウェーデン人の労働生産性は本当に高いのか

スウェーデン人の労働生産性が高いという記事を時々見かけますが、実際のところどうなのでしょうか。スウェーデン企業に8ヶ月勤めてみて感じたことを書いてみます。 “労働生産性が高い”と聞くと、黙々と集中して一気に仕事を片付けるイメージですが、実際は…

スウェーデンで車検を通してみた

先日、マイカーの車検を通してきました。↑のOPUS BILPROVNINGが車検場となります。英語に訳せば、OPUS CAR TESTINGとなります。ガソリンスタンドに併設されていて奥にはマクドナルドもあり、私が住む町にはこういった民間車検場が3つほどあります。スウェー…

海外企業へ転職する為の具体的かつ現実的な5つのステップ ⑤面接

いよいよ最終章、面接についてです。 面接といっても、日本ほどかしこまった雰囲気ではありません。形式にはこだわらず、コーヒーを飲みながらでも良いのでアピールしたいことを伝え、聞きたいことを確実に聞けることが重要です。私なんて1次面接の時は後ろ…

海外企業へ転職する為の具体的かつ現実的な5つのステップ ④求人探し

今回は、全5章の内の第4章になります。 具体的で現実的な海外企業の求人を探す方法となります。 すげー簡単です。30秒もかかりません。 海外企業の求人を掘り当てるには 何度も書きますが、非常に簡単です。 日本のリクルート社のように、転職をサポートして…

海外企業へ転職する為の具体的かつ現実的な5つのステップ ③CV=職務経歴書

今回はCV=職務経歴書についてです。 海外企業に転職をするのであれば、このCVというものが必ず必要になってきます。国内の外資系企業でも提出が求められる場合があります。CVとはCurriculum Vitaeの略で、ラテン語で「人生の物語」という訳になります。 また…

海外企業へ転職する為の具体的かつ現実的な5つのステップ ②文化 後編

社員と企業、企業と社会の関係性 退職金なんて無いぞ! 日本では退職金制度や社宅・住宅補助、家族手当等は多くの企業で一般的ですが、スウェーデンでは色々と事情が異なります。退職金は一切ありませんし、社宅も住宅補助もありません。会社までの交通費も…

海外企業へ転職する為の具体的かつ現実的な5つのステップ ②文化 前編

②文化 前編 日本にいる時によく耳にしたのが「英語ができればもっと違う人生だったのになぁ」というフレーズです。確かに他の言語が話せれば違う人生を歩むきっかけにはなると思いますが、もちろんそれが全てではありません。仮に、海外で仕事をしたいのであ…

海外企業へ転職する為の具体的かつ現実的な5つのステップ ①言葉

自動車業界のエンジニアを例に、海外企業へ転職するにあたって何を準備し、理解をしておかないといけないのかを下記5ステップに渡り書いてみます。 1.言葉 2.文化 3.CV=職務経歴書 4.求人探し 5.面接(Skype→Face to Face) 今回は「①言葉」となります。 海…

35歳妻子持ちエンジニアがスウェーデン移住に至った3つの理由

スウェーデンに移住し、半年が経過しました。こちらでの日々の生活において、日本での女性の社会進出、育児や長時間労働の是正に向けたヒントが沢山あると感じ、ブログにまとめていこうと思います。(写真は我家) まずは自己紹介を兼ねてスウェーデンへ移住…